東京の農林水産総合サイト

Translate

東京の農業で働く

農業を学ぶアイコン

東京で農業の
仕事をしてみよう!

東京で農業の仕事を始めてみたい、という方のために、農家になるまでのステップをご紹介します。また、就農希望者向けの短期農業研修や相談窓口をご案内するとともに、「農地を所有していなくても就農できるの?」など、よくある質問とその回答を掲載しています。

また、東京では援農ボランティアとして農家の農作業をお手伝いすることができます。
広域援農ボランティア

東京都で就農するにはどうしたらいいの?

1. 就農までのみちすじ

1農業を始めたい!・農業について知りたい!

農業を始めたい方(就農予定農業後継者も含む)は新規就農希望者として就農活動をスタートします。

  • ・農業全般に関する情報や、東京の農業についての情報を収集
  • ・自分の目指す就農スタイルを検討(独立就農、法人就農など)
ステップ1イメージ

2就農相談

東京都青年農業者等育成センター(公財)東京都農林水産振興財団、(一社)東京都農業会議へ就農相談をします。

ステップ1イメージ

3就農への準備

  • ・農業の基礎知識の習得、農業体験研修で体験
  • ・目指す経営内容の明確化(作目の選択や経営規模)
  • ・就農予定地の選定
  • ・就農に向けた技術の習得、先進農家等での研修
  • ・資金の確保
ステップ1イメージ

4就農への本格的な取り組み

  • ・営農計画の作成、販路確保
  • ・農地の確保 ・住宅の確保 ・農業機械や施設の確保
  • ・農業法人への就職
ステップ1イメージ

5営農の開始

新規就農者(認定新規就農者や農業後継者など)として農業経営をスタートします。

  • ・栽培技術向上のための研修
ステップ1イメージ

2.農業研修(農業体験研修、農業技術研修)を受けるには?

農業に関心があり東京都内で就農を希望する方、または就農して農業技術を習得したい農業後継者などの方は、東京都指導農業士(※)など担い手育成に取り組んでいる農業者のもとで研修を受けることができます。

  • ・農業体験研修(5日以内)
    東京都内で就農を希望する方を対象とした、農作業体験を通じて適性等を確認する研修です。
  • ・農業技術研修(20日程度)
    東京都内での就農準備中の方、就農しておおむね5年以内の農業者の方を対象とした、一連の栽培管理技術や出荷調整技術、販売方法などを学ぶ研修です。

1研修を受けたい方は(公財)東京都農林水産振興財団にご相談ください。

2(公財)東京都農林水産振興財団にて、研修を受けたい内容を説明します。研修を受けたい方は研修申込書に必要事項をご記入ください。

3(公財)東京都農林水産振興財団から東京都指導農業士(※)などへ研修受入先となるよう依頼します。

4(公財)東京都農林水産振興財団で研修生と研修受入先とのマッチングを行います。

5(公財)東京都農林水産振興財団にて研修カリキュラムを作成し、研修を実施します。

6研修終了後、研修受講生及び研修受入先は研修報告書を作成し、(公財)東京都農林水産振興財団に提出します。

※ 東京都指導農業士とは

農業技術や経営管理能力に優れた東京の農業者であり、農業の担い手に対する指導活動などを行うことにより、力強い東京農業の発展に資する農業者のことをいいます。東京都指導農業士は、東京都から認定証を交付することにより、認定されます。東京都指導農業士の詳細はこちらをご覧ください。

大島町、八丈町、神津島村では、1年を超える長期研修もございます。詳しくは以下をご参照ください。

・大島町 観光産業課

・八丈町農業担い手育成研修センター

・神津島村 田の沢農業研修施設

(問い合わせ先:神津島村 産業観光課 農林水産係 電話番号04992-8-0011(代))

3. よくある質問

就農に関するよくある質問

Q

農家出身ではなく、農地を所有していなくても新たに就農することはできますか?

A

農家出身ではない人が新規就農することは可能です。ただし、農地を利用する権利(賃借権・所有権等)を取得するには、農業委員会による許可を得るなどの手続きが必要です。その手続きを開始するためには、今後の農業経営についての具体的かつ実現可能な計画を持っているか、農業経営に必要な技術を持っているかなど、農業委員会の審査を受けなければなりません。農業について、真摯に知識の取得・技術の向上に取り組む覚悟が必要です。

Q

新宿区に住んでいますが、東京都内で自宅から離れている場所に農地を借りることはできますか?

A

一般的に農地を借りることができるのは、市街化区域以外となっています。東京23区の農地はすべて市街化区域にあり、農地を借りることは難しいと考えられます。農地を借りる候補地は、市街化調整区域のある、あきる野市、瑞穂町、日の出町などとなります。また、伊豆諸島の一部も可能です。農業という仕事は時期によっては早朝から夜半まで農作業をすることがあり、こまめな農地の見回りが必要です。また、病害虫が発生しないよう適切なタイミングでの栽培管理も必要になります。ご自宅と農地が離れすぎることは、おすすめしません。

Q

農家出身ではありませんが、東京都内で長期間、農業研修をしてくれる機関はありますか?

A

大島町、神津島村、八丈町では町や村に就農を希望する人を対象に町や村が1年以上の研修を実施しています。東京都内の場合、島しょ地域以外では、そのような機関はありません。ただし、就農希望者が先進農家や法人に雇用されながら、研修を受けられることがあります。詳しくは(一社)東京都農業会議へお問い合わせください。

Q

就農前に実際に農家で働く体験ができる仕組みはありますか?

A

(公財)東京都農林水産振興財団では都内で就農を希望する方に対して5日以内で行う農業体験研修があります。詳しくは(公財)東京都農林水産振興財団にお問い合わせください。

4.広域援農ボランティアとは?

公益財団法人東京都農林水産振興財団では、市区町村の枠を越え活動する広域援農ボランティアを登録・派遣するほか、東京の青空塾事業援農ボランティア養成講座で援農ボランティアを養成し、東京農業を支援する多様な担い手を育成しています。広域援農ボランティア詳細についてはこちらをご覧ください。

(問い合わせ先:(公財)東京都農林水産振興財団農業振興課 電話番号042-528-1357 )

ステップ4イメージ

就農に関するお問い合わせ・ご相談窓口

公益財団法人 東京都農林水産振興財団(東京都青年農業者等育成センター就農相談窓口) 電話番号 042-528-1357

一般社団法人 東京都農業会議(東京都青年農業者等育成センター・分室就農相談窓口) 電話番号 03-3370-7145