東京の農林水産総合サイト

Translate

東京の農産物

東京産の農産物を探してみよう!

東京で採れたおいしい食材をご存知ですか? 野菜・果物・茶をご紹介します。

カテゴリ別に農産物を探してみましょう。4つのカテゴリから興味のあるものを選択すると、絞り込むことができます。

江戸東京野菜マーク

ご存知ですか?
「江戸東京野菜」

ご存知ですか?「江戸東京野菜」
江戸東京野菜とは、江戸から昭和40年頃(1965)にかけて現在の東京周辺でつくられていた、伝統野菜のこと。江戸時代から人々の食生活を支えてきた江戸東京野菜ですが、農地の減少のほか、収穫量が少なく栽培に手間がかかるということもあり、一時は、その姿が食卓から消えつつありました。しかし、今日まで引き継がれてきた命を絶やしてはいけないと、今、これらの伝統野菜を普及させようという活動が広がっています。季節は限定されますが、JAの店舗で購入できるほか、江戸東京野菜を食材として使ったレストランも増えています。こちらでは主な9品目をご紹介します。

江戸東京野菜の詳細はこちら

江戸東京野菜の細密画を見る

  • 果物レモン

    主な生産地

    小笠原村、八丈町

    買える時期

    小笠原9~11月、八丈町12~2月

    旬の時期

    小笠原10・11月、八丈町1・2月

    レモンの特徴
    近年は、国内でも作られるようになり、国産レモンもスーパーなどで見かけるように。現在、小笠原と八丈島で栽培されている品種は「菊池レモン」で、「島レモン」の名前で出荷されています。菊池レモンは戦前に菊池雄二さんがテニヤン島から八丈島に持ち込み、その後、小笠原に伝わったとされています。一般的なレモンと比べ、酸味がまろやかで爽やかな香りがあり、サイズも大きく青いうちから食べられます。ジャムやペースト状のカードといった加工品や、島特産の焼酎の水割りに島レモンを浮かべた「水レモン」が人気。そのほか八丈島では樹上完熟させた黄色い菊池レモンを、「八丈フルーツレモン」として出荷しています。
  • 主な生産地

    瑞穂町、青梅市、あきる野市、武蔵村山市、東大和市

    買える時期

    通年

    旬の時期

    通年

    茶の特徴
    都内では、古くから多摩北西部で生産されています。東京都、埼玉県ともに作られているのは狭山茶ですが、東京都内産のものを埼玉産のものと区別するため昭和初期に「東京狭山茶」と名付けられました。この地は冬が寒く、その気候が肉厚の茶葉を生み出し、甘味のあるお茶ができます。また、低温で長時間加熱する「狭山火入れ」と呼ばれる仕上げ法が、狭山茶独特の甘く濃厚な味わいをもたらしています。さらに、収穫は春と夏の二番茶までと、国内のほかの産地より少なく、その分、コクと旨味のあるお茶になるといわれています。