東京の農林水産総合サイト

Translate

東京の農産物

東京産の農産物を探してみよう!

東京で採れたおいしい食材をご存知ですか? 野菜・果物・茶をご紹介します。

カテゴリ別に農産物を探してみましょう。4つのカテゴリから興味のあるものを選択すると、絞り込むことができます。

  • 果物ナシ

    主な生産地

    稲城市、東村山市、小平市、日野市、昭島市、東大和市

    買える時期

    8~10月

    旬の時期

    8月下旬~10月中旬 

    ナシの特徴
    弥生時代にはすでに食べられていたとされ、歴史の古い果物です。明治時代に二十世紀と長十郎が発見されたのをきっかけに、さまざまな品種改良が行われ種類も豊富で、ほぼ日本全国で栽培されています。日本のナシは果皮の色で大きく「赤梨」「青梨」の2種類に分類され、東京で栽培されている主な品種「稲城」「幸水」「豊水」「新高」はすべて赤梨です。うち「稲城」は稲城市で開発された地域ブランド品種で、甘味・果汁とも豊富な大果。また、「新高」は旧東京府立園芸高校で交配されたものです。9月下旬から収穫され、冷蔵庫で約1カ月保存できます。
  • 果物ブドウ

    主な生産地

    稲城市、調布市、練馬区、三鷹市、東村山市

    買える時期

    8・9月

    旬の時期

    8月下旬~9月上旬

    ブドウの特徴
    ブドウは品種が多く、世界中に1万種類以上が存在するといわれ、日本でその内50~60種類以上が栽培されています。種類によって含有量に差はありますが、抗酸化作用のあるポリフェノール類を含んでいます。果皮の色によって「赤」「黒」「緑(白)」の3つに大別され、都内で栽培されている品種は、「高尾」などの「黒」系が多くなっています。なかでも「高尾」は、東京都農業試験場(現・東京都農林総合研究センター)で育成された東京ブランド品種。ラグビーボールの形をした大粒の種無しブドウで、酸味が少なく、甘味が強いのが特徴です。近年ではハウス利用の緑色系も人気を集めています。
  • 果物カキ

    主な生産地

    町田市、練馬区、東久留米市、三鷹市

    買える時期

    9~12月

    旬の時期

    9月下旬~11月下旬

    カキの特徴
    日本各地で栽培されている、秋の味覚の代表格。都内でも区部から多摩地域まで広く栽培されています。果肉がやわらかく果汁も多い「富有柿」、コリコリとした食感で果汁が少なめの「次郎柿」が東京育ちの柿の7割を占めています。特産化を目指して東京都農林総合研究センターで作られた「東京紅」は、果皮は色鮮やかな橙色をしていて、果肉が緻密で甘味が強いのが特徴です。カキには甘柿と渋柿があります。渋柿は渋味成分の「タンニン」が口の中で溶けるため渋く感じます。同じ渋柿でも干し柿が甘いのは、天日干しによって「タンニン」が口の中で溶けにくい状態に変わるためです。
  • 果物キウイフルーツ

    主な生産地

    三鷹市、東村山市

    買える時期

    10~3月

    旬の時期

    10月下旬~11月下旬

    キウイフルーツの特徴
    ニュージーランド原産というイメージが強いですが、原産国は中国。別名「チャイニーズ・グーズベリー」ともいわれています。ビタミンC、カリウムなどを多く含み、栄養豊富なキウイ。日本全国、広く栽培されており、10~4月ごろには国内産のキウイフルーツが店頭に並びます。都内でつくられている主な品種は、果肉が緑色の「ヘイワード」。スーパーなどに出回ることはほとんどなく、直売所などで販売されています。小平市内の農家で発見された「東京ゴールド」は、東京生まれのキウイフルーツで、黄色の果肉が美しく、糖度が高いうえ程良い酸味もあって爽やかなのが特徴です。
  • 果物ウメ

    主な生産地

    青梅市、町田市、八王子市

    買える時期

    6・7月

    旬の時期

    6月上旬~7月中旬

    ウメの特徴
    梅干しや梅酒、梅ジャムなど、さまざまなものに加工されて食されるウメの実は、日本人の食生活には欠かせない存在です。ウメに含まれるクエン酸やリンゴ酸は、疲労回復効果があるといわれ、ミネラルも豊富な優秀なアルカリ性食品。ただ、果物なのに生で食べることはなく、加熱したり漬けたりと加工して食べるのが一般的になっています。古くから、青梅市などで栽培が続けられており、地元農家が開発した中玉の「梅郷」、大玉の「玉英」などの品種が栽培されています。また、青ウメ利用だけでなく、梅干しに向く品種も多く生産されています。