東京の農林水産総合サイト

Translate

東京の水産物

  • イワナ

    サケ科

    東京での主な分布

    多摩川上流の渓流域

    東京都で獲れる最盛期

    イワナの特徴
    ヤマメよりも暗い地色の体色に白色の小斑点が多数散在します。大きなものは腹部に橙色の斑点をもちます。河川型と降海型があり、前者は体側に小判型の斑点をもち、最大体長は50cmほど。後者は体色が銀白色で小判型の斑点は消失し、最大体長は1mほど。東京では、多摩川水系の標高約300mより上流域に河川型のみが生息しています。河川の環境破壊により極端に減少してしまいましたが、東京都水産試験場奥多摩分場(現在の奥多摩さかな養殖センター)が多摩川水系産魚の人工ふ化に成功し、大量放流が可能になりました。塩焼きが一般的ですが、素焼きにしたイワナに熱かんの日本酒を注ぐ骨酒も有名。
  • ヤマメ

    サケ科

    東京での主な分布

    多摩川上流の渓流域

    東京都で獲れる最盛期

    ヤマメの特徴
    ヤマメは日本の代表的な渓流魚で、美しい姿態と味の良さから「渓流の女王」と呼ばれ、渓流釣りの対象魚として人気があります。高度経済成長期以降の自然破壊によって極端に減少してしまい、一時は「幻の魚」と呼ばれるようになってしまいました。全国で初めて東京都水産試験場がヤマメの完全養殖に成功し、人工的に大量生産ができるようになり、今では釣り堀などでもヤマメ釣りが楽しめます。ヤマメの産卵期は秋(10・11月)で、10月から翌年の2月末まで、資源を守るために天然の河川では禁漁期となっています。調理方法は塩焼きが一般的ですが、燻製や甘露煮も美味です。
  • ニジマス

    サケ科

    東京での主な分布

    多摩地域の渓流や奥多摩湖

    東京都で獲れる最盛期

    ニジマスの特徴
    幼魚時は体側に小判型の斑点がありますが、体長が25cmくらいに成長すると消失します。体側の頭部から尾部にかけて一本の橙色の帯があり、これを虹に見立てて英語でレインボートラウトと呼びます。ニジマスというのはその訳語です。本来の分布域はカムチャッカからアラスカを経てメキシコ北部に至る北米大陸太平洋岸とその流入河川で、日本には明治10年(1877)にカリフォルニア州産の卵が初めて移入され、東京で飼育されたのが最初といわれています。現在では、ニジマスの養殖業は多摩エリアの地場産業として定着しています。塩焼きが最も一般的ですが、大型魚はムニエルなどにしても美味です。
  • アユ

    アユ科

    東京での主な分布

    多摩川、荒川、江戸川

    東京都で獲れる最盛期

    アユの特徴
    背側は青味を帯びたオリーブ色で、腹側は銀白色で胸ビレ付近に長円形の黄色い斑紋があります。体長は約25cm。日本列島や朝鮮半島、琉球列島、台湾などに分布し、東京では、多摩川、荒川、江戸川の各水系のほか神田川などでも東京湾からの天然遡上魚が確認されています。このほか、河川漁業組合による稚魚の放流も行なわれており、河川の上流から中・下流域まで広く分布します。川に上ったアユは、餌である藻を確保するために、一定面積の川底を縄張りにし、縄張り内にほかのアユが侵入すると体当たりをして追い払います。この習性を利用し、おとりのアユを使ってアユを釣り上げるアユの友釣は有名です。調理法としては塩焼きが最も一般的。
  • 奥多摩やまめ

    サケ科

    東京海域での主な分布

    奥多摩

    東京都で獲れる最盛期

    通年

    奥多摩やまめの特徴
    通常のヤマメは約2年(体長20~30cm)で、産卵して死んでしまうため、塩焼きで食されるのが一般的でした。そこで、食材としての利用範囲を広げるため、奥多摩さかな養殖センターが開発したのが奥多摩やまめです。受精後まもない卵を28度のぬるま湯に15分間漬けた後、通常のふ化槽に戻す刺激で、染色体操作が行われ、産卵せずに寿命が長くなり体長も50cmに達します。遺伝子組み換えではないので、種無しブドウなどと同様、安心して食べられます。また、大型になったことで刺身や寿司ダネ、ムニエルとして食されるようになり、利用範囲も広がりました。新たな地域の特産品として人気が高くなっています。