東京の農林水産総合サイト

Translate

農林水産体験レポート

2017/07/14 UP

“甘酸っぱい夏の味覚”ブルーベリー狩り 美園フルーツファーム

6月中旬から9月中旬くらいまで摘み取り可能!

6月中旬、梅雨とは思えないほど爽やかに晴れた日にブルーベリー摘みに出かけました。やって来たのは西武新宿線の小平駅。ここ小平市は日本で初めて農産物としてブルーベリーが栽培され、「ブルーベリー栽培発祥の地」とよばれています。目指す美園フルーツファームは駅から歩いて5分。線路沿いの広大な農園にはブルーベリーのほか、キウイやナシなどのさまざまな果樹が並んでいます。 受付を済ませたら、ちょうど1kgが収穫できる小さなプラスチック製のバケツをぶら下げてさっそく園内へ。ブルーベリーの旬は7~8月ですが、熟期が早いハイブッシュ系のオニールといわれる品種は6月半ばでもおいしそうな紫色に色付いていました(ただし、摘み取りの出来る時期は年によって異なるので事前に要確認)。摘みながらパクパク食べるのはNGですが、試食ならOK! 大きめの粒をいただいてみます。香りがよくやさしい酸味と甘味がオニールの特徴。試食後、1時間ほどかけて約2kgを摘み取りました。

ブルーベリーは摘みたてを食べるのが一番

ブルーベリーの木は大きくても大人の背丈ほど。下の方にもしっかり実が付いているので子どもでも楽しめます。7月半ばになれば、ウサギの目のように実が赤くなるラビットアイ系の品種も実を付けるので、2~3種類の食べ比べが楽しめるそうです。 美園フルーツファームのご主人・内堀さんの「ブルーベリーは摘みたてを、そのまま食べるのが一番うまい」という言葉を思い出して、受付に戻り“そのまま”食べ始めると、ついつい止まらなくなって2kgのうち300gほどを一気に食べてしまいました。おいしいだけでなく、ブルーベリーに含まれるアントシアニンは眼精疲労に効果があるといわれ、体に優しいのも嬉しいポイントです。

自家製ブルーベリージャム作りに挑戦

帰りの電車の中で残り1.7kgの食べ方をあれこれ考えました。今夜は“そのまま”をもう少し味わって、食後にはアイスクリームにトッピングすることに。明日の朝はヨーグルトやサラダにも。そして残った1kgでジャム作りにチャレンジしてみるつもりです。ブルーベリーに対して30%相当の重さのグラニュー糖もしくは上白糖を加えて、じっくり煮詰め、味見をしながら砂糖の量を調節すれば、自家製ジャムの完成! この先数カ月はブルーベリーの甘酸っぱさを楽しめそうです。ほかにも都内にはブルーベリー狩りのできる農園が多くあるので、みなさんも近くの農園に出かけて摘みたてのブルーベリーを味わってみてください。

こちらで体験できます

美園フルーツファーム
(みそのふるーつふぁーむ)

詳しくはこちら

体験 Memo

ブルーベリー摘み

所要
時間制限なし
料金
入園300円、ブルーベリー2kg 2160円(1人につき500g以上の摘み取り)

こちらでも体験できます