「TOKYO X」と「焼いも」でつくる 豚汁

秋から冬への季節の変わり目。
夕方、気温が冷え込むと温かい汁物が欲しくなりますね。
今回ご紹介するのは、TOKYO Xを使用した「豚汁」です。
秋の味覚サツマイモを“焼いも”にして使用することで、甘みが引き立つ豚汁をお楽しみください。

レシピの監修は、料理研究家の角田真秀さんです。

材料(2~3人分)

・豚こま切れ肉     100g
・サツマイモ      90g
・ダイコン       80g
・ニンジン       40g
・ゴボウ        30g
・長ネギ        1/4本
・蒟蒻         100g
・醤油         大さじ1/2
・味噌         大さじ1と 1/2
・七味唐辛子      適量
・胡麻油        小さじ2

作り方

―下拵えー
サツマイモを洗ってキッチンペーパーで拭いてからホイルに包み、170度に予熱したガスオーブンで1時間焼く。
途中で上下を一度返す。
(※ 電気オーブンを使用の場合は、190度に設定する。)

① ダイコンとニンジンは皮を剥いて半月切りかいちょう切りにし、ゴボウは太めのささがきにする。
  焼いもは、半月切りに切っておく。
  長ネギは小口切りにし、蒟蒻は一口大にちぎる。

② 鍋に胡麻油を熱し、豚肉を中火で炒める。
  色が変わってきたら醤油を加えて、ニンジン、ゴボウ、蒟蒻を一緒に炒める。

③ ダイコンと水500mlを加え、火を弱めてダイコンが透き通るまで煮る。
  ここで、焼いもを加えて、味噌を溶き入れる。
 (※ 作りおきの場合にはこの段落で終わらせて保存する。)

④ 水150mlを加えて温め、仕上げに長ネギを散らす。
  お好みで七味を添える。

【POINT】

➊ 最初に豚肉を炒めて下味をつけておく事で、手軽に味に深みが出ます。

➋ 焼いもを使うことで、より手軽に短時間で仕上がります。
  今回はご家庭での焼いもの作り方をご紹介しましたが、直売所などの市販品を使うとより手軽に作れます。

【使用食材】

・豚こま肉は、東京生まれのトウキョウ Xを使用しました。
 (「トウキョウ X」は平成9年に新系統豚として認定された新しい豚です。食肉となったトウキョウ Xは「TOKYO X」と表記して区別しています。)
 ▼https://tokyogrown.jp/product/detail?id=571288

・蒟蒻は、東京都西多摩郡檜原村で生産されている、㈱井上食品の「頑固職人のこだわりこんにゃく」を使用しました。
 ▼https://akiruno.town-info.com/units/36232/inoueTSF791/

・サツマイモは、東京都立川市産。味噌は、東京都立川市産の“行田在来種みどり大豆”を使った「みどり大豆みそ」を使用しました。
 ▼https://ja-tokyomidori.or.jp/minore/

料理研究家

角田 真秀/MAHO SUMIDA

https://www.sumiyalife.com/
雑誌やWEBサイト、TV番組へのレシピ提供
企業へのレシピ監修や提供
出版社様向け料理ケータリング、料理教室開催など。

NHK「あさイチ」の料理コーナーでもおなじみです。

2015年12月に初めての著書『基本調味料だけで作る毎日の献立とおかず』(マイナビ出版)
以後、『フライパンひとつで作る炒めもの、煮もの、蒸し焼き』『片手鍋ひとつで作る炒め煮、マリネ、スープ』(主婦と生活社)『簡単!毎日楽しめる!スープの本』(エイ出版)『5分でおいしくなる煮込み あっさり塩煮と、こっくりしょうゆ煮』(学研プラス)『料理が身につくお弁当』(P H P研究所)『うまくいく台所 成功レシピと料理のコツ』(文化出版局)『塩の料理帖』(誠文堂新光社)『基本調味料だけで作る毎日のお弁当』(PHP研究所)
現在までに9冊の単行本を刊行

『暮しの手帖』(暮しの手帖社)や『きょうの料理ビギナーズ』(NHK出版)『LEE』(集英社)『オレンジページ』(オレンジページ)など話題の雑誌にレシピを継続して提供しています。

BACKNUMBER

東京産食材を味わうレシピ(by 角田真秀)

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【連載第4回】「都市農業の可能性を求めて:THE HASUNE FARM」

トピックス

【こくベジのある暮らし】第一回「こくベジ便とこくベジプロジェクト」

トピックス

【第1回】 やり手農家たちの「堆肥づくり勉強会」@くにたち はたけんぼ

トピックス

新春特別寄稿『農の力で東京は世界に誇る「田園都市」となる』

トピックス

【連載第1回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(前編)

トピックス

【連載第2回】「すべて地産地消!八王子の畑から愛を込めて」もぐもぐランド(後編)

トピックス

東京でいちばん空が広い田園地帯!? 多摩開墾をみんなで耕す~あらはたやさい学校!

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

ページトップへ