タラとサトイモの『オリーブ酒粕グラタン』

寒くなってくると食べたくなってくるのが、熱々の“グラタン”。
チキンやベーコンといった肉系の具材も人気ですが、今回は冬の魚タラと東京産のサトイモ(東京土垂)に、酒粕を使ったグラタンのご紹介です。

レシピの監修は、料理研究家の角田真秀さんです。

東京土垂

材料(2~3人分)

・タラ          2切れ
・サトイモ        4個

[酒粕ソース]
・酒粕          60g
・長ネギ         1本 
・ニンニク        ひとかけ
・豆乳          250ml
・小麦粉         大さじ2
・オリーブリーフパウダー  小さじ1
・塩           小さじ1
・オリーブオイル     大さじ2

作り方

① サトイモは洗い、鍋に入れたっぷりの水で茹でておく。
  竹串がスッと通るぐらいになったらザルに上げ、皮を剥いて薄切りにする。
  長ネギは小口切りにし、ニンニクはみじん切りにしておく。
  タラは表面に軽く塩をして、5分程したらキッチンペーパーで水分を拭いておく。

② オリーブ酒粕ソースを作る。
  鍋にオリーブオイル、ニンニクを入れて中火にかけ香りが出てきたら、あらかじめちぎっておいた酒粕を加え、アルコールを飛ばしながら弱火でじっくり練るように炒める。
  小麦粉とオリーブリーフパウダーを加えてさらに炒め、全体になじんだら豆乳を加えて伸ばす。
  長ネギを加え、しんなりしたら塩で味を調える。

③ 耐熱皿にサトイモとタラを並べ、②をかけ200度のオーブンで10分程焼き色を付けて仕上げる。

【POINT】

➊ 小麦粉とオリーブリーフパウダーはダマにならないように、やや多めのオリーブオイルで炒めます。

➋ レシピではタラを使いましたが、鶏肉などとの相性も良いです。

料理研究家

角田 真秀/MAHO SUMIDA

https://www.sumiyalife.com/
雑誌やWEBサイト、TV番組へのレシピ提供
企業へのレシピ監修や提供
出版社様向け料理ケータリング、料理教室開催など。

NHK「あさイチ」の料理コーナーでもおなじみです。

2015年12月に初めての著書『基本調味料だけで作る毎日の献立とおかず』(マイナビ出版)
以後、『フライパンひとつで作る炒めもの、煮もの、蒸し焼き』『片手鍋ひとつで作る炒め煮、マリネ、スープ』(主婦と生活社)『簡単!毎日楽しめる!スープの本』(エイ出版)『5分でおいしくなる煮込み あっさり塩煮と、こっくりしょうゆ煮』(学研プラス)『料理が身につくお弁当』(P H P研究所)『うまくいく台所 成功レシピと料理のコツ』(文化出版局)『塩の料理帖』(誠文堂新光社)『基本調味料だけで作る毎日のお弁当』(PHP研究所)
現在までに9冊の単行本を刊行

『暮しの手帖』(暮しの手帖社)や『きょうの料理ビギナーズ』(NHK出版)『LEE』(集英社)『オレンジページ』(オレンジページ)など話題の雑誌にレシピを継続して提供しています。

BACKNUMBER

東京産食材を味わうレシピ(by 角田真秀)

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

江戸から続く循環型農法! 落ち葉をはいて堆肥にする馬場農園

トピックス

【連載第6回】「カラフル野菜で、身も心もパワーチャージ!『こびと農園』」

トピックス

切って楽しむ東京野菜シリーズ「 カラフル大根&カブ」

トピックス

新春特別寄稿『農業者と住民の多様な接点を作る2023年に向けて』

トピックス

【第2回】 “コンポストアドバイザー鴨志田純”が目指すまちなか農業

トピックス

【連載第5回】「人との繋がりを育み地域を元気にする直売所」

トピックス

切って楽しむ東京野菜シリーズ「 キャベツ」

トピックス

【連載第4回】「都市農業の可能性を求めて:THE HASUNE FARM」

トピックス

【第1回】 やり手農家たちの「堆肥づくり勉強会」@くにたち はたけんぼ

トピックス

東京でいちばん空が広い田園地帯⁉ 多摩開墾をみんなで耕す~あらはたやさい学校!

ページトップへ