東京の農林水産総合サイト

Translate

東京の農業を学ぶ

東京の農業を学ぼう!

東京都の農地面積は、2015年には7130haで、東京都の総面積の約3.3%を占めています。ここでは東京の農業の特徴から、都市農業・都市農地のはたらき、安全・安心な農産物の認証制度など、農業により親しんでいただけるよう、「東京の農業」を分かりやすくご紹介します。

東京の農業とは?

東京の農業は、都市地域、山間地域、島しょ地域(東京の島々)において、それぞれ地域の特性を生かして、新鮮な農産物を供給しています。東京の農業の特徴やそこで生産される農産物、東京オリジナルの農産物をご紹介します。

東京の農業の特徴
  • 東京の農地面積の約6割(4051ha)が市街化区域内にあります。
  • 大消費地の中で生産された農産物の8割が共同直売所や農家の庭先直売等で販売されています。
  • 山間地域や島しょ地域では、自然環境にあった農業が営まれています。

地域ごとの特徴

都市地域
市街化区域内では、都市化の進展により農地の細分化や点在化が進んでいますが、農地の多くは生産緑地地区に指定されています。また、市街化調整区域には、農業振興地域をはじめとする比較的まとまった農地が広がっています。都市地域では、コマツナやトマト、スイートコーンなど多様な品目が生産されています。

生産されている主な農産物
  • 23区
    コマツナ、キャベツ、ブロッコリー、エダマメ、鉢花など
  • 北多摩
    ホウレンソウ、ニンジン、ブロッコリー、ウド、ナシ、キウイ、鉢花、緑化木など
  • 南多摩
    生乳、トマト、ダイコン、ホウレンソウ、ナシ、ブドウ、鉢花など
  • 西多摩
    スイートコーン、トマト、ダイコン、クリ、茶、生乳、鉢花など

山間地域
東京の西部の山間地域では、林間や斜面が多く、農地は小規模なかたちで散在しています。多様な環境の中で、地域の特色を生かした農業が営まれています。

生産されている主な農産物
  • ワサビ、ジャガイモ、ウメなど

島しょ地域
海洋性の温暖な気候を生かした農業が営まれ、島々の風土に根ざした特色ある農産物が生産されています。

生産されている主な農産物
  • アシタバ、サヤエンドウ、サトイモ、切葉、切り花、パッションフルーツ、レモンなど

東京オリジナルの農産物

公益財団法人東京都農林水産振興財団 東京都農林総合研究センターなどで、開発や改良された、東京オリジナルの農産物をご紹介します。


東京ゴールド

東京生まれのキウイフルーツ。果肉は黄色で甘みが強く、ほどよい酸味です。


都香(みやか)

生育や根株の太りがよく、芽数が多い生育旺盛なウド。真っ白で柔らかいのが特徴です。


東京紅(とうきょうべに)

収穫期は10月下旬で果実が大きく、橙色で色鮮やかな甘柿です。


さわやかミディ・おだや香・はる香ミディ

香りがよく、生育旺盛なシクラメンです。

TOKYO X
東京しゃも
東京うこっけい

都市農業・都市農地のはたらきとは?

東京の農地面積の約6割が市街化区域内にあり、都民に潤いを与え、良好な生活環境を形成するなどさまざまな機能を有しています。そこで、私たちのくらしにも密接に関わってくる、都市農業・都市農地のはたらきについて、ご紹介します。

農産物の生産

第一に、農産物の生産という重要なはたらきがあります。消費地に近いという利点を生かして、消費者に新鮮で安全な農産物を供給しています。直売所や農家の直接販売のほか、レストランのシェフと連携した契約栽培なども行い、こだわりのある農産物を消費者のもとへ届けています。また、都内産の食材を使った料理が食べられる飲食店には「とうきょう特産食材使用店」、東京の島々の食材を使った料理が食べられる飲食店には「東京の島じまん食材使用店」の認証制度を設置するなど、地産地消の取り組みが進んでいます。

環境の保全

農業の生産活動によって、東京にも水田や畑などの日本の原風景が維持・保全されています。これらの美しい田園風景は私たちの心を和ませてくれるだけではありません。緑は水を吸収し、地面や空気の熱を奪って蒸散することによって、気温上昇を緩和するという大切な役割を果たしています。農地や農業用水路を守ることは、ヒートアイランドの抑止にもつながり、私たちの快適な生活を維持するためにもとても重要です。

防災機能

災害時、住民の一時避難や、仮設住宅の建設などができる農地を「防災協力農地」といいます。農作物や井戸水が手に入りやすいという利点もあり、避難場所として機能することも期待されています。
また、都市農地は火災の延焼防止など、さまざまな防災機能を備えています。水田や畑で雨を一時的にためて、ゲリラ豪雨等の洪水を防止する機能もあります。

水資源の提供イメージ

土とふれあう癒し効果

市民農園や農業体験農園等による農作物の生産・収穫体験などの農作業を行うことで、心身ともにリフレッシュさせることができます。また、農園利用者や農家との交流を通じて、コミュニケーションの形成など期待できます。

文化の伝承

農作物が育つ水田や畑で農作業に励む人々の姿は、私たちの心を和ませるとともに季節の移ろいを感じさせてくれるもの。また、その土地で暮らす人々の歴史や文化を継承する大切な景観資源です。また、農業を営むコミュニティー内(農村)では、長い歴史の中で自然の恵みに感謝し、天災を避ける祈りを込めて行われる芸能や祭りなどの文化が守り伝えられています。

生き物のすみか

水田や農業用水路、ため池には、ドジョウやカエルなど、さまざまな生き物が生息しています。このほかにも珍しい植物や生物が見られます。

安全・安心な農産物

東京都は安全・安心な農産物を消費者に届け、環境に配慮した農業を推進するために、「東京都エコ農産物認証制度」を普及しています。認証された農産物には、認証マークが表示されており、消費者に環境に配慮して生産された農産物であることをお知らせしています。

東京都エコ農産物認証制度

東京都エコ農産物とは、土づくりの技術や化学合成農薬と化学肥料削減の技術を導入し、都の慣行使用基準* から化学合成農薬と化学肥料を削減して作られる農産物のことです。
*慣行使用基準とは、都内の通常の栽培における化学合成農薬と化学肥料の使用実態を調査して決めたものです。

SGECイメージ
ココがポイント
  • 化学肥料の削減割合は、25%以上、50%以上、不使用の3区分で認証
  • 都が認証農産物の安全性を確認してPR
  • 認証農産物には認証マークを付与
認証生産者はこちら
申請等詳細はこちら

農業 Q&A

東京の農産物はどこで買えるのか、東京の農産算出額はいくらかなど、東京の農業に関する5つの素朴な疑問に答えます。

Q

東京の農産物はどこで買えるの?

A

東京都内で栽培された採れたての農産物はJAの直売所や農家の直接販売等で購入することができます。人気の農産物や生産量が少ないものは閉店前に売り切れてしまうこともあるのでご注意ください。
直売所など東京の特産物販売店(西多摩)はこちら
直売所など東京の特産物販売店(南多摩・北多摩・23区)はこちら
直売所など東京の特産物販売店(東京の島々)はこちら

Q

東京の農業産出額っていくらくらいなの?

A

東京都の農業産出額は306億円(2015年)です。グラフの通り、構成比は野菜が約6割で、コマツナ、ホウレンソウ、トマトが上位3位を占めます。続いて、花きでは島しょ地域の切り花等、果実ではナシ等の品目が産出されています。

出典:農林水産省都道府県別農業産出額及び生産農業所得より
Q

農業用水って東京にもあるの?

A

農業用水は主に水田に利用されていますが、「都市農業・都市農地のはたらきとは?」で環境の保全や防災機能としても役立っていることにふれました。東京都内の代表的な農業用水としては、昭和用水(昭島市)、日野用水(日野市)府中用水(国立市・府中市)、大丸用水(稲城市・川崎市)があり、いずれも多摩川本流から取水しています。その歴史は古く、室町や江戸時代から利用されていた記録が残っています。水田をはじめとした 農地がなくなれば、農業用水もその役割を終え、環境の保全や防災といった多面的機能も 失われてしまいます。そのため、農地とともに農業用水も地域の貴重な共有財産として、 後世に引き継がれるよう保全に努めています。

Q

東京で農業を体験することってできるの?

A

都内には、野菜や果物の収穫体験や、乳牛とのふれあい体験などを気軽に楽しむことできる農場や牧場があります。
内沼きのこ園
ベリーコテージ
塩田体験農園
世田谷いちご熟
磯沼ミルクファーム
椿絞り体験(大島ふるさと体験館)
新島村ふれあい農園