これからの都市農業

東京都三鷹市の根岸隆好さんは、ナスをはじめ多品目栽培で野菜を栽培し、庭先直売で農業を営んでいます。また根岸さんは“東京むさし農業協同組合“青壮年部の部長、地域の消防団、地域の新しいデリバリー“チリンチリン三鷹”などに関わり、多方面で活躍しています。そんな根岸さんに「これからの都市農業」についてお話をお伺いしてきました。

▽東京むさし農業協同組合
 https://www.jatm.or.jp

▽チリンチリン三鷹
 https://peraichi.com/landing_pages/view/chirinx2mitaka

“東京むさし農業協同組合”青壮年部の部長として

多方面で活躍している根岸さんですが、特に“東京むさし農業協同組合”青壮年部では組織の長として様々な活動をしています。組織では「みんなが困っていることを、みんなで解決しよう」を合言葉に“協働の精神”で、農業の生産のことだけではなく、経営についても皆で学んでいるそうです。また「農家を地域住民に必要と考えてもらう」ために、駅前での野菜の販売会などを実施していました。「“農業以外にも地域のための活動をしたい”という想いから、気づいたら部長になっていました」と根岸さんは話してくれました。

▽青壮年部公式ホームページ
 http://ja-tm-may.tokyo

農地の多面的活用

「“農家の多面化”がこれからの都市農業には必要」と根岸さん。“農家の多面化”とは野菜を作って販売するだけではなく、近隣住民へメリットを提供する必要があると考えているそうです。例えば、学校で農業について教えたり、災害時の避難スペースに畑を利用できるようにしたり、景観・環境保全に役立ったりと、多面的にメリットを提供し続けたいと話してくれました。また最近では“チリンチリン三鷹”という配達サービスを始めるなど、根岸さんの地域貢献への活動はさらに範囲を広げています。

人と人とのつながり

最後に「都市農業のあるべき姿」についての想いを聞かせていただきました。根岸さんは「人と人とのつながりが大切で、近隣住民の方に必要と思ってもらえる姿が大事」と思いを語ってくれました。
取材をしていて、根岸さんは“人と人とをつなげる橋渡しをする活動”をしているんだなと、編集者は感じました。農家としての活動だけではなく、地域のために幅広く活動されている根岸さんのこれからのご活躍がとても楽しみです。

根岸 隆好さんへの一問一答

QUESTIONS AND ANSWERS

Q.趣味は?
A.漫画・ゲーム・お酒
Q.好きな食べ物は?
A.ラーメン・焼肉
Q.三鷹市のおすすめスポットは?
A.三鷹の森ジブリ美術館

ファーマーズショップ根岸

根岸 隆好さん/NEGISHI Takayoshi

ファーマーズショップ根岸

電話
0422-43-5306
所在地
東京都三鷹市新川6-3-7

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ