TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

農林水産体験レポ「東久留米 柳久保小麦の会」をアップしました。

かつて春の東京には一面の小麦畑が広がっていたのをご存知でしょうか?その中でも東久留米市柳窪に由来する「柳久保」という小麦の品種は、病気にも強く良質の小麦粉ができると評判だったそうです。また、麦の草丈が長いので、農家の藁葺き屋根にも利用され、重宝されました。ですが、草丈が高いことで倒れやすく、栽培に手間がかかることや、収穫量が他品種の半分以下と少ないため、昭和17年に生産が途絶えてしまいました。

それから月日は流れ、昭和60年頃。柳久保小麦を東京に広めた奥住又右衛門の子孫にあたる奥住和夫さんが、なんとか柳久保小麦を復活させたいと活動を開始!農水省生物資源研究所に保存されていた種子を譲り受け、その栽培が復活しました。

ページトップへ