TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京都GAPについて東京都GAPについて

GAPってなに?

GAPとは「Good(良い)Agricultural(農業)をPractice(実践)する」の略で、「良い農業の取組」という意味になります。農産物の安全性はもちろん、環境に優しい農業や、適切な労務管理など、農業活動全般における取組のことを指しているんです。

良い農業のやり方

point1 GAPって何をするの?point1 GAPって何をするの?

「GAPに取り組む」ということは、農作業の点検、記録、確認を行うこと。農業に関わるあらゆる部分を”見える化”させることによって、品質の向上、資材の不要在庫の減少、農作業事故の減少、生産・販売計画の立案がしやすくなる、従業員の責任感・自主性が向上する、といった様々なメリットがあります。

「食品安全・環境保全・労働安全」などを守るための取り組みです。

「望ましい農場管理の状態はこうだ」
という管理基準に基づき…

GAPの取組によって、農産物の安全や環境、経済を将来にわたって維持・発展させていける、
次世代につなげる農業を実現することができます。

GAPは日常的な取組

整理整頓されていれば必要な物がすぐ用意できるし、安全に管理することができます。作業手順がルール化されていれば、誰もが同じ手順で無駄なく作業ができます。もしもの事故が起きた時でも、事前に対処法が準備されていればパニックにならず迅速に対応できます。こんな日常的な取組がGAPです。一つ一つはシンプルなこと。でも、それを継続して実践することが大切なのです。

point2 具体的にどんなことをしているの?point2 具体的にどんなことをしているの?

GAPでは主に「食品安全・環境保全・労働安全・人権保護・農場経営管理」について、GAP認証の基準書などを参考にしながら、自分たちの農場に最も適したルールを作成します。ルール作りで大切なことは、「なぜこうするか?」です。GAPをすれば、この「なぜ?」という気づきが増え、考える力が向上します。日常に隠れているリスクに気づき、適切に評価・対応することが重要なんです。

食品安全

  • 農産物への汚染を防ぐ!
    コンテナに古くなった野菜のクズや汚れが残っていると、運搬時に農産物が汚染される可能性が。例えば収穫時にはゴム手袋を着用し、農産物を運ぶコンテナは収穫専用の清潔なものを使い、前もって荷台などを洗浄します。
  • 異物混入の危険を回避!
    異物混入を防ぐために、収穫した農産物を貯蔵庫などに保存する際は、清潔なカバーを被せます。また、梱包作業をする作業場は農薬や肥料を保管している部屋とは別にし、照明は万が一割れた時でも安全な飛散防止加工タイプに変更します。

環境保全

  • 周辺環境への負荷軽減!
    病気や害虫によって農産物が被害を受けないように予防や対策を行う時は、記録を残すことで対応策を再検討したり、農薬散布以外の手段も組み合わせることによって、農薬を散布する回数を減らし、周囲の環境への負荷を少なくします。
  • 点検と意識向上でCO2削減を!
    トラクターや農薬保管庫などの農業機械や設備、器具を常に点検・整備し、農薬やオイル漏れがないかなど、安全性をチェック。掲示物等で、不必要・非効率なエネルギー消費の節減を呼びかけ、地球環境に優しい農業を目指します。

労働安全

  • 危険を警告!
    初めて農場を訪れる人や近隣住民にも分かるように、危険な場所や箇所には注意喚起の掲示物を設置。農作業の安全マニュアル等を作成し、農業事故を防ぐとともに、万が一事故が起きた時でも対処できるように心がけます。
  • 安全な作業環境を確保!
    危険な作業をきちんと把握し、安全に作業を行うための服装や保護具を用意します。機械等の適正な使用、燃料の保管方法や応急処置についての講習会の受講など、安全確保のための知識を学び、実施します。

GAPの認証って?

GAPの「認証を取る」とは?

GAPが実行されていることを第三者機関が審査し、基準を満たしていることが確認されると認証が与えられます。GAPに取り組んでいることが客観的に証明されます。近年では、農産物の海外輸出時はもちろん、国内のスーパーや食品メーカーでもGAP認証の取得を求める動きが広まっています。GAP認証には運営している主体によっていくつか種類があり、求められる基準にも違いがあります。「東京都GAP」は東京都が運営するGAP認証制度で、都市農業の特徴を反映した都独自の基準も含まれます。

東京都GAP認証
東京都では「東京農業振興プラン」に基づき、持続可能な農業生産と地産地消を推進するため「東京都GAP推進方針」を定めました。都市農業の特徴を反映した都独自のGAP認証制度で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の食材調達基準も満たしています。都内で農産物を生産する農業者等が対象となっており、「食品安全」「環境保全」「労働安全」等、約90の取組項目で構成されています。

都市農業の特徴を反映した管理基準(例)

  • ●農地周辺への土砂や排水の流出防止と花の植栽などによる景観保全
  • ●農作業時の騒音、土ほこり等に配慮した管理
  • ●地域住民との交流
  • ●災害時に農地の避難場所や井戸水を提供

GAP認証農産物のメリット

消費者にとって、GAP認証農産物は、安全・安心なものを選ぶときの目安の一つになります。また、GAP認証農産物を購入・消費することで、かけがえのない地球の資源や環境を、未来までつないでいくことができます。

GAPのチャレンジ!

「普及指導員」という東京都の職員の指導により、
東京都GAP認証取得に向けて取組を行っていきます。

━ GAPに取組む流れ ━

  • STEP 01

    改善点や課題を確認
    担当普及指導員が農場に訪れて、農家さんと一緒に改善点を確認します。例えば農薬保管庫。きちんと鍵のかかる金属性のロッカーなどに保管し、粉末状の薬品は上の段、液状の薬品は液漏れを防ぐ容器に入れて下段へ収納。農薬の位置関係や保管庫の素材など、あらゆるリスクに備えてルールを決めていきます。
  • STEP 02

    課題をクリアできたかチェック
    チェックシートを用いて厳しい基準をクリアできているかチェック。生産する野菜の品目などによってチェック項目は変わってくるので、農家さんに合わせて二人三脚で指導を行います。事業計画や生産履歴などの書類を作成する必要もあるので、農家さんは大忙し。サポート体制は欠かせません。
  • STEP 03

    東京都GAP認証取得への道は
    自分の農業を省みるきっかけに
    GAPの取り組みは日常的なこと。安全性を考えて自分たちの農場に最も適したルールを作成します。ルール作りで大切なことは「なぜこうするか?」です。GAPをすれば、この「なぜ?」という気づきが増え、考える力が向上します。日常に隠れている何気ないリスクに気づき、適切に評価・対応することが重要なんです。

東京都GAP 認証者一覧へ

ページトップへ