TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

大蔵大根のステーキ

香りがよくジューシーな大蔵大根をバターで焼いてステーキにしました。ごはんがすすむ一品です。

材料
大蔵大根300g
バター10g
醤油大さじ1
みりん大さじ2
大根の葉1本
黒こしょう少々
バター(仕上げ用)10g
  • 1

    大根は皮を剥いて3cmの輪切りにする。
  • 2

    鍋に大根を入れて、ひたひたに水(分量外)を張り、大根が柔らかくなるまで15分ほど煮てザルにあげる。葉があれば1本分をサッと茹でる。
  • 3

    フライパンにバターを熱し、水気を切った大根を中火で両面に焦げ目がつくまで2分ずつ焼く。
  • 4

    みりんと醤油を加えてとろみがつくまで煮からめる。
  • 5

    器に盛り、黒こしょうと刻んだ大根の葉を散らし、バターをのせる。

伝統大蔵ダイコン

江戸時代、豊多摩郡(現在の杉並区あたり)の「源内」という農民が作り出した「源内つまりダイコン」が原種。
コツ・ポイント
大根は鍋で柔らかくなるまで下茹でしておきます。電子レンジでも構いませんが、竹串が刺さるぐらいまで煮てください。

島田恵子料理家

マーケティングに基づく商品開発が得意な「食」のプロ。 築地の辺りにキッチンスタジオを構えている。 国内外の飲食店やホテル、食品メーカーなど多数の顧客を持つ。 プロが使う価値ある食材発掘のため日々、飛び回っている。

LET'S GO FOOD HANTER 食材ハンターがいく!

ページトップへ