ブロッコリーが大好きです。寒くなってくると、蕾がきゅっとしまっていて、少し紫がかったブロッコリーが出回りはじめます。私はまずグリルにして、その次にお味噌汁。歯ごたえを生かして炒めるのもおいしいし、クタクタにオイル煮にするのもおいしいです。フライも最高。そんなふうにいろいろな食感を楽しめる野菜は、そう多くありません。
今日は私の好きな炊きこみごはんを紹介します。ブロッコリーを大きめの房のままごろっと炊きこむことで、ほくほくとした楽しい食感になりますよ。鮭を合わせましたが、ちりめんじゃこなどでもおいしいです。よく知った野菜の新しい魅力、ぜひ楽しんでみてください。

材料(作りやすい量)

・秋鮭        大1切れ(120g)
・ブロッコリー    1/3個程度(150g)
・米         2合
・酒         大さじ1.5
・みりん       大さじ1
・しょうゆ      大さじ1/2
・塩         小さじ1/3

作り方

① 秋鮭は骨を抜いて、塩(分量外)をきつめに振ってなじませる。
② 米を研いで、ざるにあげておく。ブロッコリーは大きめの房にわける。

③ 土鍋に米、水360㏄程度、調味料、鮭とブロッコリーを入れ、蓋をして強火にかける。沸騰したら弱火にして12分程度加熱し、最後に30秒から1分ほど火を強め、おかきのような香ばしい香りがしたら火を止める。

④ 10分ほど蒸らしたら、鮭の皮と骨を取ってほぐし、混ぜ合わせる。お好みで薬味を添えて召し上がれ。

POINT

▪ブロッコリーは、細かくせずに大きめの房のまま炊きこむことで楽しい食感になります。
▪土鍋で炊くとおいしいですが、炊飯器でもOKです。鮭のかわりにちりめんいりこなどでも。

料理家 エッセイスト

藤原 奈緒/NAO FUJIWARA

Cooking heals yourself. “料理は自分の手で自分を幸せにできるツール”という考えのもと、商品開発やディレクション、レシピ提案、教室などを手がける。
東京・小金井市で「あたらしい日常料理 ふじわら」という
家庭のための調味料のブランドを主宰。
共著に「機嫌よくいられる台所」(家の光協会)がある。
https://nichijyoryori.com/
https://www.instagram.com/nichijyoryori_fujiwara

家庭のごはんをおいしく、手軽に。
ふじわらのおいしいびん詰めは、オンラインストアと実店舗・全国の取扱店にて販売中。
https://fujiwara.shop/

BACKNUMBER

野菜がおいしい!藤原奈緒の直売所からはじめるレシピ

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ