同じ野菜でも、出始めと終わりごろでは味が違うもの。特になすの旬は長いです。
初夏のなすはやわらかで味も淡いので、生で食べたり、さっと炒めて。夏の終わりから次第に皮が固くなってきますが、じっくり加熱するとねっとりとした食感と深い味わいをみせてくれるようになります。「秋茄子」と有名なことわざにもあるくらい、特別なものということかもしれません。

今日は、春巻きにしてみましょう。先に塩を振って、少し水分を出してから片栗粉をまぶすことで、ジューシーに仕上がりますよ。シンプルに野菜がごちそうになる、あるとうれしい1品です。

材料(作りやすい量)

・なす         2本(250g程度)
・春巻きの皮      5枚
・花椒         15粒
・塩          小さじ1/2
・片栗粉        小さじ1
・水溶き小麦粉     適宜
・揚げ油        適宜 

作り方

① なすは長ければ半分に切って、4~6等分の放射状に切り、塩をふり、片栗粉をまぶす。

② 春巻きの皮をひろげ、なすを適量のせ、花椒を3粒のせて巻く。巻き終わりは水溶き小麦粉をぬってとめる。

③ 170度程度の油で揚げ、きつね色になったら引き上げる。塩を添えて召し上がれ。

【POINT】

▪先に塩を振って、少し水分を出してから片栗粉をまぶして揚げるとジューシーな仕上がりに。にんじん、いんげん、さつまいもなどでも応用してみてください。
▪スパイスがアクセントになりますので、お好みで。真夏ならバジルと黒胡椒を巻いてもおいしいです。

料理家 エッセイスト

藤原 奈緒/NAO FUJIWARA

Cooking heals yourself. “料理は自分の手で自分を幸せにできるツール”という考えのもと、商品開発やディレクション、レシピ提案、教室などを手がける。
東京・小金井市で「あたらしい日常料理 ふじわら」という
家庭のための調味料のブランドを主宰。
共著に「機嫌よくいられる台所」(家の光協会)がある。
https://nichijyoryori.com/
https://www.instagram.com/nichijyoryori_fujiwara

家庭のごはんをおいしく、手軽に。
ふじわらのおいしいびん詰めは、オンラインストアと実店舗・全国の取扱店にて販売中。
https://fujiwara.shop/

BACKNUMBER

野菜がおいしい!藤原奈緒の直売所からはじめるレシピ

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ