TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

食材ハンターがいく!「エディブルフラワー」をアップしました!

日本では昔から菜の花をお浸しにしたり、菊の花を酢の物にしたり、結納では、桜の花の塩漬けで作った桜湯を飲んだりと、花を食べる文化があります。
現代のエディブルフラワーはアメリカが発祥でハーブ農家さんが食べられる花の生産を始めたのがきっかけで世界中に広がりました。
食べられる花という意味を持つ「エディブルフラワー」は、日本では1980年に導入され、日本全国で農作物として育てられています。

ページトップへ