柳久保小麦うどん

材 料
  • 小麦粉100g
  • 75g
  • 小さじ1/2
  • めんつゆ適量
  • 水と塩を合わせて塩水をつくる。冬は30度以下の温水で塩を溶かす。
  • 小麦粉を大きめのボウルに入れて、塩水を回しかけてムラがないように手でかき混ぜる。
  • 全体がそぼろ状になったら、外側から内側に巻き込むように20~30回ほど練る。
  • 全体がまとまったら、ラップで包み30分ほど常温でおき生地を休ませる。(冬なら1時間)
  • 全体が膨らんだら、2~3回こね直し、再度、ラップに包んで10~20分ほどおき生地を休ませる。
  • 台の上に小麦粉を振り、生地にも小麦粉をまぶし、くっつかないようにする。
  • 麺棒で推して全体をつぶし、全体を伸ばして生地の厚みが3~5mmぐらいになるように均一に伸ばす。
  • 再度、全体に小麦粉を振り、屏風のように折りたたんでまな板に乗せ、厚みと同じぐらいの幅になるように包丁で切る。
  • 麺をくっつかないようにほぐし、一人分ずつにまとめる。
  • 鍋に1リットル以上の湯を沸かし、うどんをほぐしながら投入して10分ほど茹で、ザルにあげて流水で洗う。めんつゆを添える。
コツ・ポイント
生地は乾かないようにラップで包んでおき生地を休ませる。

料理家

島田恵子

マーケティングに基づく商品開発が得意な「食」のプロ。 築地の辺りにキッチンスタジオを構えている。 国内外の飲食店やホテル、食品メーカーなど多数の顧客を持つ。 プロが使う価値ある食材発掘のため日々、飛び回っている。

ページトップへ