TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

馬込半白キュウリ

馬込半白キュウリ(馬込半白節成キュウリ)の特徴

上部が緑色で、そこから先に向けてだんだん白くなるこのキュウリは、馬込村(現在の大田区馬込地区)が発祥。馬込村では、昔から大井節成(ふしなり)キュウリが多く栽培されていましたが、明治時代に馬込中丸の篤農家・河原梅次郎が、この大井節成キュウリにウリを掛け合わせて改良したのが「馬込半白キュウリ」です。長さは20~25㎝程で現在のキュウリに比べて太く、両端が丸いのが特徴。キュウリ本来の風味が強く、みずみずしくパリッとした食感があり、古くからぬか漬けに使われてきました。生に味噌を付けたり、薄切りにしてサラダや和え物にしたりしてもおいしく味わえます。

おもな産地練馬区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ