TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

THE 東京仕事人「私たちが忘れてはいけない大切な何かを、手作りコーヒー体験ツアーで伝えたい」

「いつも一杯何円のコーヒーを飲んでいますか?」
体験ツアーの最中、そう問いかけるのは野瀬農園の5代目・野瀬もとみさん。
小笠原・父島でコーヒーを栽培する野瀬農園では、豆摘みから試飲まで体験できるツアーを行っています。野瀬さんはツアーの最中、いくつものクイズを出しました。市販のコーヒー豆は一袋200g。数百円から1,000円で売られています。しかし、1時間かけてようやく1㎏摘んだ実を豆に加工すると、たった100g程度にしかならないことは知られていません。

ページトップへ