TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

PRESENT

第3弾は特色豊か
都立高校の農産物セット
10名様にプレゼント

応募期間:2020.07.23~2020.08.02

さっそく応募する!応募フォームはこちら!

都立農業科高校の取組

東京都内には、農業関連の学科がある高等学校が島しょ地域を含め8校あります。これら8校全てにおいて東京都農林水産振興財団が所管する支援事業を活用し、JGAP認証を取得しました。その成果を発揮する場として、今年度は各種イベント等での農畜産物活用を企画していましたが、この度のコロナ禍による自粛により実施が難しい状況となりました。そこで、この度プレゼント企画を利用して、多くの方々に味わっていただきたいという生徒の願いを、外出自粛等で頑張っていらっしゃる皆様にお届けします。

今回は、第3弾として、都立大島高校、都立三宅高校、都立農業高校の生産物をセットでなんと10名様にプレゼントします。

学校紹介

■東京都立大島高校
東京都立大島高等学校は、伊豆諸島の伊豆大島にある学校です。普通科・農林科・家政科が設置されており、生徒一人一人の個性を活かしながら、地域に密着した特色ある教育活動を展開しています。特に伊豆大島の象徴である「椿」の様々な品種を集めた校内の椿園は、2016年に教育機関として世界初の「国際優秀つばき園」に認定されました。地域住民や観光客に向けて生徒が椿のガイドを実施するなど、観光資源のひとつになっています。
【ホームページ:http://www.osima-h.metro.tokyo.jp/

■東京都立三宅高校
東京都立三宅高等学校は東京港からおよそ180km離れた海上に浮かぶ三宅島にある唯一の高等学校です。普通科と併合科(農業科と家政科の混合クラス)があり、農業科では草花、野菜、食品製造の3分野の専門的な知識・技術を学べる学校です。少人数ながら離島の豊かな自然環境の下、広い農場を生かした教育活動を行っています。
【ホームページ:http://www.miyake-h.metro.tokyo.jp/

■東京都立農業高校
府中市にある東京都立農業高校は、農業及び家庭に関する学習を行う専門高校です。人間生活に不可欠な「衣・食・住」の専門的な知識・技術を身に付けます。創立110年の歴史と伝統を紡ぎ、現在は都市園芸科、食品科学科、緑地計画科、服飾科、食物科の5学科を設置しています。都立高校の中で最初にJGAP認証を取得したことで、大きな注目を集めました。安全安心な食糧生産を行い、週3回採りたての野菜、果樹などを校内で販売しています。
【ホームページ:http://www.nogyo-h.metro.tokyo.jp/



▽GAP認証制度について
https://tokyogrown.jp/learning/agriculture/#topic3

今週のプレゼント賞品

都立高校のうこっけい卵、お茶、ナス、梨のセット

○タマゴ(東京うこっけい)【都立大島高校】
○缶入りお茶・・・1個【都立三宅高校】
○ナス・・・500g程度【都立三宅高校】
○ニホンナシ・・・約350g×4個【都立農業高校】

●都立大島高校
本校の農林科には畜産の専門分野があり、校内でニワトリやウシなどを飼育しています。特に養鶏では、3年生の生徒が2019年度の課題研究として作業マニュアルや記録用紙の作成、掲示物設置などに取り組み、全国の教育機関として初めて「採卵鶏・鶏卵」のJGAP認証を取得しました。3学期にはアニマルウェルフェアの考え方などGAPでの必要事項を3年生から後輩へと引継ぎ、継続的にGAPによる飼育管理を学んでいます。今回は貴重な「東京うこっけい」のタマゴをプレゼントします。

●都立三宅高校
温暖な三宅島では、本場の静岡県よりも早くお茶の収穫ができる島と言われ、かつては広大な茶畑が島のあちらこちらに見られました。2000年の噴火災害で他の茶畑がなかなか再開できない中、三宅高校では先生と生徒の熱意で茶樹を育て、収穫、製茶加工まで校内で一貫して行っています。昨年のJGAP審査には生徒も参加し、農業の規範や経営の手法などを学びました。今年度は学校が臨時休業で生徒が登校できない間に教職員が収穫加工した一番茶製品と、教育活動再開後に生徒が授業で育てたナスをセットにします。

●都立農業高校
農業高校は、2019年1月に梨とお茶でJGAPの認証を受けました。取組当初から生徒同士で役割分担を決めたり、定期的に清掃を行ったり、地面に収穫かごを直置きしないなどGAPに必要な仕組みやルールづくりを生徒主体で行ってきました。特に梨栽培では、手間のかかる袋掛けを行ったり、圃場全体を防虫・防鳥ネットで覆ったりするなどの工夫をして低農薬を心がけています。学校内でのGAPの取組は、先輩から後輩へと引き継がれており、GAPの教育ツールとしての効果も期待されます。今回は、完熟で収穫したての果実をフレッシュな状態でプレゼントします。

※各校の生育状況によってはセット内容が減ったり、時期をずらして別口で発送したりする可能性もあります。ご了承ください。

買えるお店

それぞれの高校で生産物販売を行っています。
Webサイトやポスター等のお知らせをご覧ください。
■今回のプレゼント内容
商品名:都立高校のうこっけい卵、お茶、ナス、梨のセット
当選者数:10名
応募期間:2020年07月23日~2020年08月02日
提供元:都立大島高校、都立三宅高校、都立農業高校
■応募方法
「TOKYOGROWNクイズ」の解答を入力してください。
クイズに正解すると、プレゼントに応募することができます(アンケート企画を開催している場合は、アンケートにすべてお答えください)。
クイズの正しい解答を入力したら(アンケートに答えたら)、応募フォームにメールアドレス、お住いの地域、年齢、性別を選んで送信ボタンを押したのち、登録ボタンを押して応募完了です。
なお、プレゼントに申し込まれた方には、公益財団法人 東京都農林水産振興財団から、東京都の情報満載のメールマガジンをお届けいたします。
※メールマガジンを希望されない方は、応募申込時にチェックボックスからチェックを外してください。
■当選の発表及び当選した後の流れ
めでたく当選された方には、当サイトの担当者からご登録いただいたメールアドレス宛てに当選メールをお送りします。
商品の発送先などを明記のうえご返送ください。
返送を確認後、準備が整い次第提供先から発送させていただきます。
<当選の方へ注意事項>
※メールサービスによっては設定をしていなくても自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性があります。ドメイン「@tokyogrown.jp」からの受信を許可してください。
※携帯電話の方は、PCからお送りするメールを受信可能な状態へご変更ください。
※当選メール到着後、1週間以内に必要事項をご返送ください。期限を過ぎますと当選が無効になりますのでご注意ください。

第96回プレゼント企画 クイズ

応募は2020年08月02日まで!

クイズ
東京の農地面積の約〇割(4051ha)が市街化区域内にあります。〇に入る数字1文字を半角でお答えください。
ヒント
https://tokyogrown.jp/learning/agriculture/
※募集は終了いたしました。

ページトップへ