TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の畜産物

3品目

東京の畜産物

東京うこっけい

東京うこっけいの特徴

肉や骨が黒いという特徴をもつ「烏骨鶏」。江戸時代初期に中国から渡来したとされ、中国や韓国ではその肉や卵は、薬膳料理の素材として珍重され、漢方の効能もうたわれています。また、烏骨鶏の卵は、小粒ながら栄養価が高いとされています。その烏骨鶏を改良し、通常年間50~80個と低い産卵率を、190個程度にまで高めたのが「東京うこっけい」です。都内各地で飼育され、卵は直売を中心に販売されています。また、東京うこっけい生産組合では、産卵の終了した鶏を肥育し「東京うこっけい」を肉用としても利用できるように活動しています。

おもな産地青梅市、立川市、八王子市ほか
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
関連記事
レシピ

ページトップへ