TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

カキ

カキの特徴

日本各地で栽培されている、秋の味覚の代表格。都内でも区部から多摩地域まで広く栽培されています。果肉がやわらかく果汁も多い「富有柿」、コリコリとした食感で果汁が少なめの「次郎柿」が東京育ちの柿の7割を占めています。特産化を目指して東京都農林総合研究センターで作られた「東京紅」は、果皮は色鮮やかな橙色をしていて、果肉が緻密で甘味が強いのが特徴です。カキには甘柿と渋柿があります。渋柿は渋味成分の「タンニン」が口の中で溶けるため渋く感じます。同じ渋柿でも干し柿が甘いのは、天日干しによって「タンニン」が口の中で溶けにくい状態に変わるためです。

おもな産地町田市、練馬区、東久留米市、三鷹市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ