TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

REPORT農林水産体験レポ

『東京のNEWブランド「東京ビーフ」』

農業編農業編

東京ビーフ/ TOKYO BEEF /

東京ビーフとは?

東京育ちの黒毛和牛を「東京ビーフ」。年間生産頭数の少なさから”幻の黒毛和牛”とも呼ばれています。食味はサシが細かく、特に脂が甘味と旨味がすごく美味しい牛肉です。今回は、その東京ビーフを生産している繁殖・肥育農家さんへ、ラバーズのサラちゃんが体験取材をしてきました!

東京でこんなに近くで牛を見れるの?

今回取材へお邪魔したのは八王子にある山本牧場さん。牧場主の山本さんに案内をしていただきました。まず牧場についてサラちゃんが驚いたのは、住宅街の中に牧場があること。さらに車から降りると目の前に牛が現れます。「東京でこんなに近くで牛が見れるなんてびっくり!』とサラちゃん。取材した日の当日の朝に生まれたばっかりの赤ちゃん牛にも出会えました。

ミルクあげ体験

今回は取材ということで特別に「ミルクあげ体験」をさせていただきました。生まれた牛は3日間だけ母乳で育ち、その後は人工哺乳だそうです。45度のお湯でミルクを溶かし、38度ぐらいで飲ませます。黒毛和牛は前歯がなく、ミルクをあげるとすごい力で吸い付いてきます。また山本さんにすごいことを聞きました!それは牛には生まれた時から10桁の番号がつけられ(マイナンバーみたいな)、スーパーのパックにもその番号が表記されるそうです。その番号が分かれば、どこで生まれたかが分かるそうです!

絶品!「東京ビーフ」

実際に牛を見た後は、東京ビーフを味わいにLet's go!今回お邪魔したのは銀座にある「クルーズクルーズ THE GINZA」さん。銀座という土地で全220席もあるラグジュアリーダイニングです。コース料理 ”Specialite(スペシャリテ)”の中に「東京ビーフフィレ肉のロティ ボルドレーズ」として提供しています。東京ビーフの中でもきめ細かい上質なフィレ肉を低温でロースとしたお肉は「お箸で切れるほど柔らかく、甘みと旨味が濃い脂で絶品!」。

▽『クルーズクルーズTHE GINZA』の情報
 https://tokyogrown.jp/restaurants/detail?id=861640

プロに聞く「東京ビーフ」の魅力!

今回取材した「クルーズクルーズ THE GINZA」の料理長の蓮田さんに東京ビーフの魅力を聞いてみました!「東京ビーフの魅力は、きめ細かいサシと油の旨味と甘味。特にフィレは肉質が柔らかく人気があります。」プロをも唸らせる東京ビーフ!ぜひ皆さんも一度食べてみてください。
また「クルーズクルーズ THE GINZA」さんでは不定期ですが、”幻のハラミ”や料理長絶賛の”頰肉”も提供しているそうです。

ページトップへ