アユの遡上

かつてアユは将軍家にも献上されていた多摩川の名産品。高度成長期の水質汚染を克服した多摩川に待望のアユが戻ってきたのは30数年ほど前のことです。現在では3~6月にかけて毎年150万匹を超える天然アユが多摩川の河口から上流まで遡上するようになりました。遡上を観察する場所としておすすめなのは、東急東横線多摩川駅から近い調布取水堰。4月下旬~5月中には堰を上るアユたちがジャンプを見せてくれることもあります。多摩川に出かけた時には、ぜひ浅瀬に目をこらしてみてください。元気に泳ぐ天然アユの姿を発見できるかも知れません。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ