沢とホタル

日本の夏の原風景の一つに、淡い光を放ちながら夜闇に舞うホタルを挙げる方も多いのではないでしょうか。ホタルたちが幻想的な姿を見せてくれるのは美しい緑に包まれた清流。最近では地元の方々による環境浄化の努力によって東京・多摩地区の沢などでは自然発生のホタルたちも姿を見せてくれます。今回の写真は、日の出町の平井川(写真右・中央、©東京都日の出町)と青梅市の成木川(写真左)。6~7月にはホタルを鑑賞するイベントや祭りなども都内各地で数多く開催され、ゲンジボタルやヘイケボタルを観ることができます。清流で彼らの華麗な光の舞を見ながらの夕涼みは癒されます。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ