ワサビ田

ワサビは日本原産の野菜でハーブの一種。刺身などを食べる時には欠かせない存在です。美しい自然と清流に恵まれた奥多摩エリアでは江戸時代からワサビ栽培が行われ、将軍家に献上されていたといわれます。現在でも標高300~1000mの山懐の沢で栽培が行われ「奥多摩ワサビ」として流通しています。辛味が強く、キレのよさと豊かな風味が特徴です。ワサビの収穫期は春先と秋ですが、ワサビは殺菌力が強いため、残暑厳しいこの季節、お刺身を食べる際には欠かせない薬味です。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ