光るキノコ

夜闇に光を放つ生物といえば、ホタルやホタルイカなどが有名ですが、八丈島では光るキノコに出合うことができます。 発光キノコは世界に多数あり、日本では10種類以上が発見されています。八丈島で観察できるのはヤコウタケ。直径1~3cmの小さく白いキノコが発光し、夜になるとより幻想的な光を見学できます。毎年、夏休みの時期には観察会(無料、予約不可)が催行されたり、八丈植物公園に併設されたビジターセンターでは年間を通して展示されています。ぜひ足を運んで発光キノコを見学してみませんか。

八丈植物公園(はちじょうしょくぶつこうえん)

営業時間
見学自由(ビジターセンターは9時~16時45分、温室は9時~16時30分)
定休日
無休
電話
04996-2-4811
所在地
八丈島八丈町大賀郷2843
WEBサイト
http://www.hachijo-vc.com/
アクセス
八丈島空港から車で5分

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

トピックス

【第3回】東京の西側、2つの有機農業

トピックス

【第2回】 “コンポストアドバイザー鴨志田純”が目指すまちなか農業

トピックス

江戸から続く循環型農法! 落ち葉をはいて堆肥にする馬場農園

トピックス

【連載第6回】「カラフル野菜で、身も心もパワーチャージ!『こびと農園』」

トピックス

【連載第5回】「人との繋がりを育み地域を元気にする直売所」

トピックス

新春特別寄稿『農業者と住民の多様な接点を作る2023年に向けて』

ページトップへ