2020年6月6日(土)に鮎釣りが解禁

秋川の鮎は「清流めぐり利き鮎(あゆ)会」で全国準グランプリに2回も選ばれたことのあるおいしい鮎です。
解禁前に漁協関係者の方々と一緒に鮎の試し釣りをさせていただきました。
これは、放流した鮎がどれぐらい居るかや鮎が病気にかかっていないかなどを調べるための調査です。
写真は開会式の時の記念撮影なのでマスクを取りましたが、コロナ対策のためマスクをして、密にならないよう間隔をあけて川に入りました。

秋川漁業協同組合
https://akigawagyokyo.or.jp/?p=315

おとり鮎を掴んでみた

鮎は、なわばり意識が高く、自分のテリトリーに他の鮎が来ると体当たりして追い出そうとします。
そんな習性を利用して、通常の魚釣りのようにエサを針につけるのでなく、活きた鮎をおとりとして針につけて釣るのですが、試しに養殖されたおとり鮎をつかませて貰ったら大暴れ。
名人が、鮎をつかむとおとなしくなりました。
持ち方に愛を感じますね。

鮎釣りにチャレンジ!

そんなわけで、1時間でどれぐらい釣れるかの調査がスタートしました。
川に入れる人は、許可を得た6名だけなのですが、鮎の解禁を待ち望む釣り人達が様子を見に集まってきました。
みなさんワクワクしながら、私たちが釣る様子を眺めてました。

昨年団体戦で優勝した檜原支部の鮎釣り名人、野村さんがサポートしてくださいました。
鮎がかかると糸が激しく引っ張られます。釣竿を引き上げると針にかかった鮎が引き寄せられるので、網でキャッチし、釣れた鮎を今度は、おとり鮎として交換します。
鮎を網でキャッチするのも針に鮎を付けるのも野村さんに、やっていただくセレブ鮎釣りでした!

たくさん釣れたよ!

釣り上げた鮎は、数とサイズや重さを測ります。
一番釣れた方で1時間に38匹。20.5cm73gという大きな鮎も釣り上げされました。
野村さんのおかげで、私のような素人でも1時間に19匹も釣れました!
今年の状況はここ数年では最高の状況だそうです。
魚体に金色が出る鮎は、苔をたくさん食べていて強い鮎だそうです。

鮎を再放流

撮影用と病気の検査のために一部残して、鮎は川に戻されます。

近隣で秋川の鮎を食べられるお店「do-mo kitchen CANVAS」

◆do-mo kitchen CANVAS(どーも きっちん きゃんばす)
地元の新鮮な野菜類、薬膳など「おいしく健康に!」がモットーのカフェレストラン。秋川の天然アユを低温オリーブオイルでじっくり煮込んだ、オリジナル調味料「鮎 OIL」を使用した料理が人気。

https://tokyogrown.jp/shop/detail?id=685870

近隣で秋川の鮎を食べられるお店「CAFE skeche」

◆CAFE skeche
JR武蔵五日市駅の近くにあるCAFE skeche。
アウトドア観光客の憩いのイートインとして人気のカフェです。鮎おむすびや自家製鮎フレークのポテトチップスなどがあります。

営業時間:平日:11:00 〜 19:00 / 土日祝日:9:00 〜 19:00
定休日 :水曜日
住 所 :〒190-0163 東京都あきる野市舘谷219-7

取材担当者から一言

魚体が金色の鮎がとてもきれいでした。
針に付けたおとり鮎の仕掛けを川に入れると、すぐ釣れるので鮎釣り初心者の私でも楽しめました。

◆TOKYO LOVERS
NO_02 島田恵子 / KEIKO SHIMADA /
https://tokyogrown.jp/tokyolovers/member/keiko_shimada/

秋川漁業協同組合/AKIGAWA GYOKYO

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ