東京の夏~エダマメ~

エダマメは、畑の肉と呼ばれる大豆の完熟前の実をゆでてた日本の夏の風物詩。タンパク質やビタミンB1・B2が豊富で、ビタミンCも多く、野菜の中でも栄養価の高いものの一つに数えられます。ビールのおつまみなど、夏の栄養補給におすすめです。東京でも盛んに栽培され、直売所や農家の軒先で販売されています。この夏、TOKYOGROWNでは援農ボランティアとして東京の農家さんで農作業の体験をさせていただきました。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ