江戸時代から続く金魚の養殖

江戸時代から金魚は江戸っ子に人気があり、江戸は金魚の養殖で知られました。その中でも昭和30年代まで全国有数の金魚産地だった江戸川区は、今も金魚の三大産地に数えられています。毎年7月下旬には江戸川区特産金魚まつりも開催。会場の江戸川区立行船公園では、例年、江戸川リュウキンやランチュウなど20種類以上もが展示即売され、子どもたちのための金魚すくいコーナーも設置されます。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ