江戸っ子に人気!

江戸っ子が好んで食べていた蕎麦やねぎまに欠かせない野菜。それが千住ネギです。江戸時代に江東区の砂村から千住に伝わった根深ねぎの一種で、ねぎ産地で集積地だった千住の名前が付きました。甘くて柔らかいのが特徴でメロン以上の糖度があります。江戸東京野菜のひとつです。

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ