小笠原の海開き

小笠原の海開きは何と元旦!
とは言え、水着一枚で快適に泳げるというわけではなく、やはり5月くらいからが海水浴シーズンになります。それでも早いですね。
そんな小笠原は東京都心から南へ約1000㎞!
東京の竹芝桟橋から大型船の「小笠原丸」に乗ること24時間の船旅が必要になります。だからこそ、“世界自然遺産”に登録されるほど、豊かで独特な自然が残っている場所でもあります。
エメラルド色した透明度の高い小笠原の海、これからも守っていかなくてはいけない東京の宝です。

Tokyo one day trip 小笠原諸島・父島編

WEBサイト
https://tokyogrown.jp/tokyoonedaytrip/vol5/

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

調布の農家が作ったアプリが大注目! 全国3万7千の農家が使う「アグリハブ」で生産性をあげる

トピックス

色で楽しむ東京野菜シリーズ  ~『あか』編~

トピックス

生ごみを宝に!市民が活躍するコミュニティガーデン~日野市 せせらぎ農園~

トピックス

色で楽しむ東京野菜シリーズ  ~「きみどり」編~

トピックス

色で楽しむ東京野菜シリーズ  ~基本編~

トピックス

【第13回】「ガストロノミー」が、東京農業の新たな一手となる!

トピックス

「フローリスト農家」が目指す、ちょっぴり豊かな暮らしの提案。

トピックス

【第12回】「まちのタネ屋さん」は進化する!~野村植産と東京西洋野菜研究会

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

ページトップへ