TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

シントリ菜

シントリ菜の特徴

アブラナ科の野菜で、漢字では「芯取菜」と書き、芯の部分をお吸い物などに使っていたことが名前の由来といわれています。また葉の部分に細かいしわがあることから「ちりめん白菜」とも呼ばれています。昭和40年代に江戸川区や葛飾区、足立区で盛んに栽培され、芯はシャキシャキ、葉はやわらかく口当たりがよいことから、当時はチンゲン菜に代わる野菜として、中華料理の炒め物やスープに重宝されました。その後、中国野菜が日本国内でも多く作られるようになりますが、現在も東京都東部で栽培が続けられています。露地もののほか、ハウス栽培も行われています。

おもな産地江戸川区、葛飾区、足立区、小金井市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ