TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの特徴

ドラゴンフルーツまたはピタヤは、熱帯地域に生息するサンカクサボテンの果実の総称で、日本では「ドラゴンフルーツ」として流通しています。東京では小笠原などの島しょ部で採算されています。いくつかの種類がありますが、主なものは、果実の表面と果肉が鮮やかな赤い色をしているレッドドラゴンフルーツと果皮は同じ様に赤いいけれど果肉は白い「ホワイトドラゴンフルーツ」又は「ホワイトピタヤ」、そして上の写真にある果皮が黄色い「イエローピタヤ」があります。
白い果肉にゴマのような種子が散らばって入っています。レッドドラゴンは果肉にも赤身が入っていますが、ホワイトドラゴンやイエローピタヤは白い果肉です。水分をたっぷりと含み、熱帯地方にふさわしいシャキシャキした食感とさっぱりした甘さが特徴で、酸味はほとんどありません。カリウムが比較的たくさん含まれているので、体内の塩分を調節する効能があります。冷やしてそのまま、または冷凍庫でシャーベットにして楽しめます。

おもな産地三宅島、小笠原諸島
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ