TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

ブドウ

ブドウの特徴

ブドウは品種が多く、世界中に1万種類以上が存在するといわれ、日本でその内50~60種類以上が栽培されています。種類によって含有量に差はありますが、抗酸化作用のあるポリフェノール類を含んでいます。果皮の色によって「赤」「黒」「緑(白)」の3つに大別され、都内で栽培されている品種は、「高尾」などの「黒」系が多くなっています。なかでも「高尾」は、東京都農業試験場(現・東京都農林総合研究センター)で育成された東京ブランド品種。ラグビーボールの形をした大粒の種無しブドウで、酸味が少なく、甘味が強いのが特徴です。近年ではハウス利用の緑色系も人気を集めています。

おもな産地稲城市、調布市、練馬区、三鷹市、東村山市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ