TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

ブルーベリー

ブルーベリーの特徴

成分のアントシアニンが、眼精疲労の改善に効果が大きいとされるブルーベリー。生はもちろん、ジャムやデザートなどの材料としてもおなじみです。日本での本格的な商業生産は小平市で始まり、小平から日本各地にブルーベリー栽培が広がっていきました。現在でも市内各所には農園が点在し、新鮮なブルーベリーを販売する農園のほか、摘み取りを行う観光農園もあります。品種はラビットアイ系と呼ばれるものがほとんどで、実が熟す前の夏の暑い時に、その名のとおり、ウサギの目のように赤くなります。収穫後は時間とともに風味も低下するので、新鮮なうちに食べるようにしましょう。

おもな産地八王子市、日野市、国分寺市、小平市、日の出町、多摩市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
関連記事
レシピ

ページトップへ