TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

イチゴ

イチゴの特徴

南アメリカ原産のイチゴは、幕末にオランダ人が日本に初めて伝えましたが、現在栽培されている品種は明治時代に入って来たものです。明治32年(1899)、内藤新宿試験場(現在の新宿御苑)に勤務していた福羽逸人がイチゴの促成栽培に成功し、彼の名を冠した品種「福羽」が誕生しました。以後、日本では「福羽」をベースに品種改良が進められ、さまざまな品種が登場しました。イチゴには休眠と呼ばれる期間があり、一定期間の低温状態を経て、再び生育が始まって実が熟します。この休眠期を調整することで、長い期間収穫できるようになりました。都内では「章姫」や「紅ほっぺ」、「とちおとめ」などが栽培されており、摘み取り体験ができる農園もあります。

おもな産地練馬区、世田谷区、小平市、多摩市、八王子市、町田市、日野市、青梅市、府中市、羽村市、あきる野市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ