TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産果物

ナシ

ナシの特徴

弥生時代にはすでに食べられていたとされ、歴史の古い果物です。明治時代に二十世紀と長十郎が発見されたのをきっかけに、さまざまな品種改良が行われ種類も豊富で、ほぼ日本全国で栽培されています。日本のナシは果皮の色で大きく「赤梨」「青梨」の2種類に分類され、東京で栽培されている主な品種「稲城」「幸水」「豊水」「新高」はすべて赤梨です。うち「稲城」は稲城市で開発された地域ブランド品種で、甘味・果汁とも豊富な大果。また、「新高」は旧東京府立園芸高校で交配されたものです。9月下旬から収穫され、冷蔵庫で約1カ月保存できます。

おもな産地稲城市、東村山市、小平市、日野市、昭島市、東大和市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ