夏も近づく八十八夜、現在のGWの頃、東京でもお茶の収穫が始まります。東京には「東京狭山茶」というブランドで、多摩北西部でお茶が栽培されています。この地は冬が寒く、その気候が肉厚の茶葉を生み出し、甘味のあるお茶ができます。また、近年は同じ原料を使って和紅茶=「東京紅茶」が生産されています。

▽東京の農産物『茶』
https://tokyogrown.jp/product/detail?id=571230

▽東京の農産物『東京紅茶』
https://tokyogrown.jp/product/detail?id=571229

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

江戸から続く循環型農法! 落ち葉をはいて堆肥にする馬場農園

トピックス

【連載第6回】「カラフル野菜で、身も心もパワーチャージ!『こびと農園』」

トピックス

切って楽しむ東京野菜シリーズ「 カラフル大根&カブ」

トピックス

新春特別寄稿『農業者と住民の多様な接点を作る2023年に向けて』

トピックス

【第2回】 “コンポストアドバイザー鴨志田純”が目指すまちなか農業

トピックス

【連載第5回】「人との繋がりを育み地域を元気にする直売所」

トピックス

切って楽しむ東京野菜シリーズ「 キャベツ」

トピックス

【連載第4回】「都市農業の可能性を求めて:THE HASUNE FARM」

トピックス

【第1回】 やり手農家たちの「堆肥づくり勉強会」@くにたち はたけんぼ

トピックス

東京でいちばん空が広い田園地帯⁉ 多摩開墾をみんなで耕す~あらはたやさい学校!

ページトップへ