TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

東京の花き

東京の植木

東京の植木の特徴

江戸時代以降、多くの植木が地方から江戸に集められたことから、バラエティに富んだ樹種を有する独自の発展を遂げてきました。その後も、卓越した技術を持つ栽培者が多く現れ、日本の植木生産をリードしています。公共用の常緑樹や落葉樹、一般家庭用の庭園樹や花壇苗に至るまで、幅広く栽培されていますが、特にケヤキやサクラ、ハナミズキには力を入れています。近年ではコニファーやグランドカバープランツ(GCP)で日本有数の産地に。また、最近ではヒートアイランド対策やアメニティ効果を狙った屋上緑化や壁面緑化に向く樹種や、壁面緑化用の長尺ものの苗生産も始まっています。

おもな産地立川市、国分寺市、調布市、小金井市、青梅市、三鷹市、清瀬市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ