10月27日(金)から29日(日)の3日間開催された「東京味わいフェスタ 2023」
開催レポートの最後は、有楽町エリアと日比谷エリアをご紹介します。
有楽町エリアでは、「東京農業の魅力と日本各地の名産品に出会えるエリア」として、東京都農業祭との連携企画で、東京農業の魅力を発見する“やさい畑”体験や、特設ステージでの子供向け食育プログラムの開催、また、日本酒、ビールなど日本各地のお酒の提供がありました。
日比谷エリアでは、「東京のエンターテインメント発信拠点エリア」として、東京国際映画祭との連携企画や、日比谷エリアの有名グルメ店が東京産食材を使用した「TASTE of TOKYO限定料理」が提供されました。
また、東京産食材を五感で感じるライブイベントも開催されました。

【有楽町エリア】

東京国際ファーラム地上広場に、“やさい畑”が出現。
東京の若手農家が作った、江戸東京野菜をはじめ東京各地で生産されている野菜や花木など50種類以上が展示され、新鮮な野菜を収穫体験できるとあって、大人気コーナーになっていました。各日とも事前予約申し込みで満席でしたが、当日のキャンセル待ちには長い列が出来ていました。
参加者は、東京の若手農業者による収穫のお手伝いと野菜の豆知識の紹介に、大変満足そうにプチ収穫体験を楽しんでいました。

キッチンカーでは、都内高校生が開発した江戸東京野菜料理の提供、江戸甘味噌田楽や江戸東京野菜つけものとマリアージュした東京の酒蔵による日本酒の提供、東京野菜やTOKYO X(豚肉)、東京産ハチミツ、東京産牛乳などを使用した有名ホテルやグルメ店などが出店し、その数は延べ27店でした。

【日比谷エリア】

日比谷エリアでは、ハーブとエディブルフラワーでフラワーブーケを作るワークショップ「CAN I EAT FLOWER?」が連日開催されました。

また、東京国際映画祭屋外上映(日比谷ステップ広場)には、会場の雰囲気にピッタリなキッチンカーが出店し、東京産の舞茸や東京産野菜、東京産チーズ、小笠原レモン、TOKYO Xなどを使用した料理や東京産クラフトビール各種の提供をしました。

日比谷エリアのレストランでも、東京産ケール、東京産柿、東京清瀬市産のチーズ、東京牛乳を使用した料理が提供され、お客様に東京農業の魅力と食材の豊かさをアピールしました。

東京グロウン/TOKYO GROWN

BACKNUMBER

東京味わいフェスタ2023(TASTE of TOKYO)

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

トピックス

【第11回】ヤギのナチュラルチーズで新規就農! 東京の山地農業にも勝算あり「養沢ヤギ牧場」

トピックス

新春特別寄稿『都市に農地を創るときが来た』

トピックス

陽のあたる縁側 すぎのこ農園

トピックス

【第10回】目黒で農地を残すには?コミュニティの拠点として都市農地を守る  目黒区「八雲のはたけ」

トピックス

【第9回】小松菜400連作!「全量残さず出荷、それこそが一番のエコだと思う」 江戸川区 小原農園

トピックス

【第8回】落ち葉を重ねて数百年 『 武蔵野の黒ボク土』をコミュニティで掘り下げる! 三鷹市 冨澤ファーム

トピックス

【第7回】女性が主体となれる農業経営の仕組みづくり( 株式会社となったネイバーズファームの狙いと可能性)

トピックス

【第6回】馬と羊を飼い、穀物を育てる理想の有機農家をめざす

トピックス

【第5回】「多摩の酪農発祥の地」で、はぐくまれた有機農家たち。

トピックス

【第4回】肥料でも農薬でもない新しい資材「バイオスティミュラント」とは?

ページトップへ