東京産トマト

東京では、さまざまなトマトやミニトマトが作られています。
トマトは江戸時代初期に日本に伝わり、当初は観賞用の植物として扱われていましたが、昭和に入ってから食用として栽培されるようなりました。旬は夏ですが、ハウス栽培や露地ものなど、栽培方法が多様化したこともあり、今では通年味わえるように。栽培のしやすさから東京各地で栽培されています。トマトの栽培が盛んな日野市では、5月になると採れたてのトマトが直売所に並び、人気を集めています。

東京産トマトにはこんなにもの種類が!

今回は小笠原諸島を含む東京の11農家19種類のトマトを取り寄せてみました!

<トマトの詳細はこちら>
▽食材ハンターがいく!『東京のトマトをハント!』
https://tokyogrown.jp/special/hunter/detail?id=830918

簡単トマトレシピ「ブルスケッタ」にチャレンジ!

今回、東京産のトマトを使って作る、イタリア料理の「ブルスケッタ」は、パーティ料理の定番です。お友達や家族との団らんで大活躍。作り方は
(材料)トマト、フランスパン、にんにく、塩、あればパセリやバジルなど
(作り方)
1.トマトは1cm角ぐらいに切って塩をひとつまみ振って混ぜる。ニンニクは下部を切り落とす。
2.フランスパンを好みの厚さに切ってオーブントースターなどで焦げ目が薄くつくまで焼く。
3.パンにニンニクの切り口をこすりつける。
4.スプーンなどでトマトをのせて、パセリなどを散らす。

ポイント:パンが熱いうちにニンニクの切り口をこすって風味を移す。

たったこれだけです♩
皆さんも是非作ってみてくださいね!

トマト料理を堪能♩

今回は「ブルスケッタ」の他にも、「トマトとモッツァレラチーズのサラダ」
や「焼きトマト」を調理。トマト料理が並ぶと食卓がとても華やかです。
リコピンを含むトマトは美白や抗酸化作用もあるそうですので、紫外線が強くなる季節に積極的に食べたいですね。

<関連記事>
トマト
https://tokyogrown.jp/product/detail?id=571244
ミニトマト
https://tokyogrown.jp/product/detail?id=571253

東京産食材お取り寄せ体験

トマト/TOMATO

お取り寄せ先

所在地
東京都練馬区大泉町1-49-5 お問い合わせはメールから info@tokyoyasai.net

RELATED ARTICLERELATED ARTICLE

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

多摩産材オーダー家具で暮らしも環境も良くしていく

農林水産体験レポート

奥多摩の森で自然に触れながら木育体験!

農林水産体験レポート

東京湾にいる生き物の魅力がたっぷりの水族園

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

変化を恐れずチャレンジを

農林水産体験レポート

立川の新名所「GREEN SPRINGS」で多摩産材を感じる

Tokyogrown's Producers ~生産者など~

ヤギと暮らしてチーズを作る 小さな農家の魅力

ページトップへ