TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

都内産野菜

トマト

トマトの特徴

南米アンデス山地を原産とするナス科の野菜で、日本には江戸時代初期に伝わりました。当初は観賞用の植物として扱われ、食用として栽培されるようになったのは昭和に入ってからのことです。日本ではサラダなど生で食べることが多いため、酸味が少なく甘みの強い「桃太郎」が主力品種となっています。旬は夏ですが、ハウス栽培や露地ものなど、栽培方法が多様化したこともあり、今では通年味わえるようになりました。トマトの栽培が盛んな日野市では、5月になると採れたてのトマトが直売所に並び、人気を集めています。

おもな産地都内各地
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ