TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

早稲田ミョウガ

早稲田ミョウガの特徴

江戸時代から大正時代にかけて早稲田周辺で広く栽培され、大きく赤味を帯びた美しさと香りのよさで徳川将軍家の食膳を彩りました。文京区にある茗荷谷という地名は、このあたりにもミョウガ畑が広がっていたことに由来するとされます。明治時代以降、早稲田周辺は宅地造成が進んだことでミョウガ畑はなくなってしまいましたが、近年になって地下茎が見つかり、平成23年(2011)に復活を果たしました。一般的に食用とされるツボミ部分は秋が旬ですが、茎の部分を遮光して軟化伸長させたミョウガタケは、春から初夏の味覚として親しまれています。

おもな産地新宿区、練馬区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ