TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

Tokyo one day trip VOL.26 LOVERSファームの収穫!野菜ブーケづくりにも挑戦! ! Tokyo one day trip VOL.26 LOVERSファームの収穫!野菜ブーケづくりにも挑戦! !

畑初心者のTOKYO LOVERSメンバーが「ソラドファームNEWoMan」で育ててきた野菜が、
ついに収穫の時を迎えました!
ちょっと油断した隙に大量の虫が発生してしまったり、
寒くなるとついつい足が遠のいてしまったり……といろいろありましたが、
大変なことがあっただけ、収穫の喜びもひとしおです。
いろいろな種類を育ててきたので、収穫したものもカラフルで美しい!
このまま食べるのは勿体ないということで、今回は食べる前に野菜ブーケづくりにも挑戦してみました!
今までのLOVERSファーム記事今までのLOVERSファーム記事
  • 今までのLOVERSファーム記事 今までのLOVERSファーム記事
  • 今までのLOVERSファーム記事 今までのLOVERSファーム記事
 

01 冬の畑に色とりどりの野菜!

ハサミで刈り取ったり、掘り起こしたりと、どんどん収穫していきます。カラフルニンジンは、抜いてみるまで何色のものが出てくるかわからないので、みんなでくじ引き気分で楽しんでしまいました。収穫した野菜を並べてみると本当にカラフルでキレイ!
青々とした葉っぱだけでなく、赤や黄色の部分があったり、ニンジンもそれぞれ色が違うし、見ているだけでも楽しめます。紫キャベツを抱えてみたら、その鮮やかな色と葉の広がりの豪華さが、大きな花束みたい!
これをすぐに食べちゃうのも勿体ないなんて言っていたら、食べる前にも野菜を楽しむ方法があるとの情報が。

 

02 シェフと生産者の出会いはゴボウ畑で

収穫した野菜を洗って畑から次の場所へ移動。するとそこには「食材ハンター」のページでもお馴染みの島田恵子さんが!「野菜の収穫お疲れさまでした!せっかくなので、今日はその野菜を使ってブーケを作ってみませんか?」というわけで、みんなで野菜ブーケづくりに挑戦です。材料さえ用意すれば、作り方はとっても簡単!
まず、ブーケにしたい野菜を選んで、自分の好みで野菜を組み合わせていきます。「葉の部分を切ったり、ニンジンはさかさまに入れてみたり、アイディア次第でどんどんアレンジしてみると面白いですよ。色の組み合わせ、形の組み合わせで、同じ野菜を使っても違う表情のブーケが出来上がっていきます」。それぞれ、葉の高さを調整したり、ボリュームを変えてみたり、作業に集中してどんどんブーケを組み立てていきます。

03 畑で受けたインスピレーションを形に

同じ野菜を使っているのに、仕上がりにはやっぱり個性が出ています。「野菜だけじゃなくて、ここに花を追加したり、季節の飾り物などを足すとさらに魅力的だったり、豪華なブーケになります。野菜を贈りたい時に、ただ箱詰めにするのではなくて、こうやってブーケにするとプレゼントっぽさも増して嬉しいですよね」と島田さんは新しい野菜のプレゼント方法を教えてくれました。自分で育てた野菜を、ブーケにしてプレゼントってとての素敵ですね!

04 ゴボウ界でも最高峰のおしゃれメニュー誕生!

ブーケを作り終えたところに、さらに色鮮やかな野菜の小皿が!畑で育てていたロマネスコを、島田さんがピクルスにしてくれたそうです。これが野菜の自然な色だなんて信じられないぐらい鮮やか!
お酢につけるだけで、こんなに鮮やかな色味が引き出せるんですね。
味も、優しい酸味と素材のほどよい食感がたまりません。ホームパーティーでこういうメニューを出せたら、かなりポイント高そう!

次回もお楽しみに!!

今回のTokyo one day trip
「やっぱり野菜は美味しい」

今回の活動で、野菜を作る大変さと畑の楽しさ、野菜の魅力を再発見できました。そして何より、新鮮な野菜の美味しさを知ってしまったので、直売所などで新鮮な野菜を購入したり、自分達でも野菜づくりを続けたいと思います。

バックナンバー

ページトップへ