TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

NIIMURA AKIYO  BY TOKYOLOVERSNIIMURA AKIYO  BY TOKYOLOVERS

TOKYO LOVERSが行く! Tokyo one day trip VOL.5 小笠原編(後編)TOKYO LOVERSが行く! Tokyo one day trip VOL.5 小笠原編(後編)

小笠原編(後編)小笠原編(後編)

東京の南の島「小笠原・父島」体験の旅も
今回が最終編です。
せっかく小笠原に来たんだから
ココでしか買えないものを探したい!
そんなあなたへ今回は小笠原の
お土産スポットをお伝えします。
また小笠原・父島の感動の「お見送り」も必見です!

  • 東京の南の島「小笠原諸島・父島」体験(前編)を見る東京の南の島「小笠原諸島・父島」体験(前編)を見る
  • 東京の南の島「小笠原諸島・父島」体験(中編)を見る東京の南の島「小笠原諸島・父島」体験(中編)を見る

小笠原諸島へのアクセス

1000kmも離れた小笠原諸島へ行くには東京・竹芝桟橋から大型船“おがさわら丸”で行きます。
船の中には飲食店やみんなで話せるラウンジもあります。
これからの楽しい旅にワクワクしていたら24時間なんてあっという間に過ぎました。
また大型船なので船の揺れも少なく快適な移動時間でした。

JA小笠原農産物観光直売所JA小笠原農産物観光直売所

お土産を買うならここ!とても珍しい小笠原グルメが手に入るかも……? お土産を買うならここ!とても珍しい小笠原グルメが手に入るかも……? お土産を買うならここ!とても珍しい小笠原グルメが手に入るかも……?

小笠原の野菜と、小笠原で採れた農作物を使った商品が揃う「JA小笠原農産物観光直売所」。小笠原の「おいしいもの」を探すなら絶対外せません。会社や学校に持っていくお土産には、小分け包装されているので配りやすいレモンゼリーや、小笠原フルーツを使ったグミがおすすめ。日持ちのする小笠原の塩や、島唐辛子が入ったラー油、小笠原の新感覚調味料オガスコもあります。運が良ければ、希少価値の高いハチミツや母島産のコーヒー豆が買えるかもしれません。

JA農産物観光直売所
住所 〒100-2101
小笠原村父島東町
営業時間 8時~17時30分
定休日 おがさわら丸出港翌日
詳しくはこちら

ハートロックカフェハートロックカフェ

木の葉の屋根の下、潮騒を聞きながら味わう小笠原グルメ 木の葉の屋根の下、潮騒を聞きながら味わう小笠原グルメ 木の葉の屋根の下、潮騒を聞きながら味わう小笠原グルメ

ガジュマルの木の枝が屋根のように広がったウッドデッキのテラス。南国の雰囲気たっぷりなハートロックカフェでは、サメバーガーと島ハチミツを添えたパンケーキが味わえます。揚げたてサクサクの衣に包まれたサメのフライは歯ざわりを楽しんで。しっとりフワフワのパンケーキにかけるハチミツは、ハートロックカフェの農園で収穫した自家製の島ハチミツです。甘すぎない生地にマッチする濃厚なハチミツと生クリームのハーモニーは、まさに幸せの味♡

ハートロックカフェ
住所 〒100-2101
小笠原村父島東町
営業時間 9~18時
定休日 無休
店舗情報をくわしく見る

ギフトショップハートロックギフトショップハートロック

希少な島ハチミツと、アカギを再利用したグッズをお土産に 希少な島ハチミツと、アカギを再利用したグッズをお土産に 希少な島ハチミツと、アカギを再利用したグッズをお土産に

ハートロックカフェに併設されているお土産物屋さん「ギフトショップハートロック」では、カフェで味わえる島ハチミツ「夜明けの森の百花蜜」が購入できます。なかなか買えない島ハチミツのお土産はとても貴重。そのほか、小笠原では外来種となるため、駆除の対象となっているアカギの木材を使ったキーホルダーやミニマグネット、ヘアゴムなどのアクセサリーも人気です。島の方が手作りしたビーチグラスや陶器を使ったアクセサリーもお見逃しなく!

ギフトショップハートロック
住所 〒100-2101
小笠原村父島西町
定休日 年中無休
店舗情報をくわしく見る

お見送り お見送り

見送ってくれる島のみんなに「いってきます!」 見送ってくれる島のみんなに「いってきます!」 見送ってくれる島のみんなに「いってきます!」

いよいよおがさわら丸が東京・竹芝桟橋に向けて出港します。名残惜しいけれど、旅の最後は小笠原名物のお見送りの風景を楽しみましょう。港に集まったたくさんの人の中には、旅の最中の会った人、お世話になった人達の姿が。航海の無事を願い港で披露される和太鼓は迫力です。おがさわら丸が動き出すと、並走するように幾隻もの船が追いかけてきて、デッキから手を振ってくれます。最後までサプライズの連続、一生忘れられない旅になりました。
小笠原では、また戻ってきて欲しいという気持ちを込めて、「いってらっしゃい!」と見送ります。

「東京愛らんど」 「東京愛らんど」

次は他の島にも行ってみたくなる。東京諸島のアンテナショップで盛り上がろう♪ 次は他の島にも行ってみたくなる。東京諸島のアンテナショップで盛り上がろう♪ 次は他の島にも行ってみたくなる。東京諸島のアンテナショップで盛り上がろう♪

東京の島が大好きになったら、竹芝桟橋到着後すぐの客船ターミナル内にある伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「東京愛らんど」へ!
小笠原のお土産はもちろん、ほかの島のお土産もたくさん並んでいます。次の旅行先を決めるのにいいかも。
またカフェ&レストランも併設しているので、旅の最後の食事を「東京愛らんど」で食べるのもオススメです♫

伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ
「東京愛らんど」
住所 〒105-0022
港区海岸1-12-2
竹芝客船ターミナル内
営業時間 9時~22時30分(大型船で23時出航の便がある日は~23時)
定休日 無休
店舗情報をくわしく見る

今回のTokyo one day trip
東京の南の島「小笠原諸島・父島」体験レポート

小笠原編 ~後編~

小笠原諸島の大自然と島民の人の温かさに癒された小笠原諸島Trip!
「行ってらっしゃい」のお見送りに、また「ただいま」と行きたい場所でした。今回、小笠原諸島へ5泊6日で行ってきました。最初は長い旅になると思っていましたが、あっという間に終わってしまい寂しい気分です。まだまだ行ってみたいスポットがあるので、また必ず小笠原へ行こうと思います。東京都には私の知らない大自然や農業・水産業がいっぱいあるんだと思えた旅でした!

TOKYO LOVERS(新村晃代)を見る

バックナンバー

ページトップへ