TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

品川カブ

品川カブの特徴

一般的なカブのように丸みを帯びておらず、大根のような細長い形をしています。江戸時代には漬け物に使われ、江戸っ子の食卓には欠かせない存在でした。また、土壌環境が似ている滝野川周辺(現在の北区)でも栽培されており、「滝野川カブ」とも呼ばれていました。明治時代以降は栽培が途絶えていましたが、北品川にある青果店の経営者が、江戸時代の書物に描かれていたカブが小平市で栽培されていた「東京大長カブ」とよく似ていることを発見し、地元・品川の名を冠した江戸東京野菜として復活しました。現在は品川区内の有志の人たちが栽培に取り組み、地元のイベントなどで紹介されています。

おもな産地品川区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ