TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

寺島ナス

寺島ナスの特徴

通常のナスよりもやや小ぶりで、皮が固く肉質がしっかりしているのが特徴。「蔓細千成(つるぼそせんなり)ナス」とも呼ばれています。隅田川沿いの肥沃な土地が栽培に適していたことから、寺島村(現在の墨田区)を中心に栽培されていました。ほかの品種よりも早く収穫期を迎える寺島ナスは、文政11年(1828)に発行された『新編武蔵風土記稿』にも「形は小なれどもわせなすと呼び賞美す」と記され、地域の特産品として千住や神田へ出荷されていました。大正時代に起こった関東大震災後、宅地化による畑の減少で生産が途絶えてしまいましたが、2009年に復活を果たしました。

おもな産地三鷹市、小金井市、小平市
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ