TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

足立のつまもの

足立のつまものの特徴

ツマモノとは、漢字で「妻物」と書き、さまざまな料理に添えて季節感や風味を演出し、特に和食には欠かせない存在の野菜です。中でも、穂ジソ、ツル菜、木の芽、鮎タデ、あさつき、メカブ、紫芽(むらめ)の7種類が「足立のつまもの」といわれています。江戸時代には、料亭が集まっていた三河島村(現在の荒川区)周辺で多く栽培され、明治から大正時代に隅田川対岸の足立区栗原や伊興地区に広まりました。ピンセットで選別するなど細かな手作業が多く、出荷の際も細心の注意が必要ですが、狭い農地でも栽培が可能なため、現在も住宅地が広がる中に畑が点在し、都市農業の一翼を担っています。

おもな産地足立区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ