TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

練馬ダイコン

練馬ダイコンの特徴

江戸幕府五代将軍・徳川綱吉がビタミン類の不足による脚気や鳥目を患い、治療のために食したことから栽培を命じたといわれ、大きいものは80㎝~1mにもなります。尾張ダイコンと練馬の地ダイコンとの交配から選抜・改良されたもので、享保年間(1716~1736)には練馬ダイコンの名が定着していきました。一般に流通しているダイコンに比べて、土から引き抜くのに3~5倍の力が必要な練馬ダイコン。引き抜くスピードなどを競う「練馬ダイコン引っこ抜き競技大会」(毎年12月1週の日曜に開催)が平成19年(2007)から始まり、近年では500名を超える参加者が集まる一大イベントとなっています。

おもな産地練馬区
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
レシピ

ページトップへ