TOKYO GROWN |
東京の農林水産総合サイト

江戸東京野菜

金町コカブ

金町コカブの特徴

明治末期、金町(現在の東金町)の長谷碌之助が、4月に早採りできるように改良したといわれています。当時は、千住青物市場(現在の足立区にあった)に出荷され、高級料亭等に高値で取り引きされていました。金町コカブは、春に花芽が出にくい性質をもっているため、春に栽培がしやすい特性を生かして、金町一体で盛んに生産が行われるようになり、さらに東京から全国に広まっていきました。青物が乏しい春先、霜や寒さで傷んでいない青々とした葉や、真っ白で光沢のあるカブは、春を告げる野菜として大変喜ばれました。冬の寒さにあたると甘味が増し、煮崩れしにくいので、炊き合わせや煮物にも向いています。

おもな産地-
旬の時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ページトップへ